工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大和ハウス工業/豊洲埠頭地区(東京都江東区)で複合施設開発/19年5月竣工・開業  [2016年6月22日4面]

 大和ハウス工業は、東京都江東区の豊洲埠頭(ふとう)地区「4-1B街区」で、ホテルや医療、スポーツ機能を核とした複合施設=完成イメージ=の整備に乗りだす。建物は延べ2・8万平方メートルの規模。2020年東京五輪開催時にアスリートが使用することを想定した機能を入れる。設計は伊藤喜三郎建築研究所が担当。施工者は未定。17年10月の着工、19年5月の竣工・開業を目指す。事業費は未定。
 計画地の4-1B街区(豊洲6丁目、敷地面積7420平方メートル)は東京ガスの所有地。大和ハウス工業は東京ガスから同街区を借り受けて複合施設の整備に当たる。契約の詳細は非公表。同街区は5月に完成した東京ガスの「豊洲スマートエネルギーセンター」に隣接し、周辺では東京都が新中央卸売市場の整備を進めている。
 計画概要によると、建物はS造地下1階地上16階建て延べ2万7500平方メートル、高さ70メートルの規模。施設の高層部にホテル(330室程度)、中層部に医療機能を入れる。医療機能は、東京五輪開催時にアスリートの急患を受け入れられる体制とし、開催後にはスポーツ医療、整形外科、リハビリテーションなどの施設として使用する。
 低層部には、スポーツ支援機能として、高地トレーニングと同じ効果が得られる低酸素施設を備える「ハイブリッド・アスリート・トレーニングセンター」を整備。東京五輪に向けた選手のトレーニングで使用するほか、開催後は専門的なスポーツクラブとして一般開放する。このほか、おもてなし機能の一環で、健康に配慮した飲食店やトップアスリートのための物販店舗、安らぎ空間となる広場の整備を行う。駐車場(駐車可能台数80台)も備える。
 隣接する豊洲スマートエネルギーセンターと一体となった貫通道路や緑地、歩行空間の整備なども進める方針だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。