行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

先端建設技術センター/タイで技術セミナー開幕/地盤改良など3分野13技術紹介  [2016年9月15日1面]

セミナーであいさつする北橋理事長

 【バンコク=岩本英司】先端建設技術センター(北橋建治理事長)がタイ・バンコクで主催する建設技術セミナー「Seminar on Japanese Construction Technology in Thailand 2016」が14日、開幕した。昨年に続く今回のセミナーは、15日までの2日間、「洪水調整」「地盤改良」「護岸」の3分野で民間が開発した13技術が紹介される。国土交通省、在タイ日本国大使館、国際協力機構(JICA)が後援している。=2面に関連記事
 会場となったバンコクにある在タイ日本国大使館には、現地の政府、建設企業、コンサルタント企業などから予定を大幅に上回る参加者が集まった。前回以上の盛況ぶりに、日本の技術に対する関心が一段と高まっていることをうかがわせている。
 冒頭あいさつした北橋理事長は、日本で頻発する自然災害や軟弱な地盤という厳しい国土を建設技術が支えていることに言及。セミナーを通じて興味のある建設技術があれば、「積極的に出展企業への質問やコミュニケーションをしてほしい。最終的に技術の採用につながり、タイのお役に立つことができれば、主催者としてこの上ない喜びだ」と述べた。
 2日間のセミナーでは、13技術のそれぞれの担当者によるプレゼンテーションのほか、会場外のスペースに設けられた各社ブースで、パネルや模型で技術紹介を行うポスターセッションも行われる。
 11年に発生したタイ大洪水の際、同センター職員が国際緊急援助隊として、日本の技術を用いて排水作業を手伝った。この経験を契機として、日本の建設技術がタイのインフラ整備に貢献できるのではないかと昨年、初のセミナーを企画。成功裏に終わったことから、今年も引き続き開催することとなった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む