行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

国交省/i-Con推進コンソーシアム、16年度内設立へ/10月18日準備会  [2016年10月17日1面]

 国土交通省は、本年度内に立ち上げる「i-Construction推進コンソーシアム」の準備会を18日に東京・霞が関の省内で開く。建設現場の生産性向上を図る取り組みを推進するため、さまざまな分野で活躍する産学官のメンバーが連携。IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)、3次元(3D)データを活用することで、生産性が高く魅力的で新しい建設現場を創出する。準備会ではコンソーシアムの規約や具体的な活動内容などを議論する。
 準備会は、4月に報告書をまとめた有識者会議、i-Construction委員会(小宮山宏委員長)の委員にAI、ベンチャー、ロボット、情報通信に詳しい産業界のメンバーを加えて発足。委員会にオブザーバーとして参加した建設業団体も名を連ねる。
 コンソーシアムには、建設関連企業、最先端技術や金融といった建設分野以外の関連企業、行政、学会などの参画を想定。革新的な技術を現場に導入するなどして、生産性の高い建設現場をつくる産学官連携の場とする。国交省では今後、各産業分野から幅広い企業の参加が得られるよう呼び掛ける。
 具体的な活動を進めるため、「最新技術の現場導入」「ビッグデータの利活用推進」「海外展開」の3本の柱ごとにワーキンググループ(WG)も設置する予定。3Dビッグデータを収集し、広く官民で活用するため、オープンデータ化に向けた利活用ルールやデータシステムの構築を検討することも想定している。
 準備会では、こうした活動のベースとなる規約やWGで進めることになる個別の活動内容などを協議。発足に向けたスケジュールも確認する。
 準備会のメンバーは次の通り。
 ▽安宅和人ヤフーチーフストラテジーオフィサー▽小澤一雅東京大学大学院工学系研究科教授▽仮屋薗聡一日本ベンチャーキャピタル協会会長▽北野宏明ソニーコンピュータサイエンス研究所社長▽小宮山宏三菱総合研究所理事長▽鈴木祥治富士通研究所取締役兼応用研究センター長▽建山和由立命館大学理工学部教授▽田中里沙宣伝会議取締役メディア・情報統括▽冨山和彦経営共創基盤代表取締役CEO▽藤沢久美シンクタンク・ソフィアバンク代表
 〈関連業界団体〉日本建設業連合会▽全国建設業協会▽全国中小建設業協会▽建設産業専門団体連合会▽全国建設産業団体連合会▽建設コンサルタンツ協会▽全国測量設計業協会連合会▽日本建設機械施工協会

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む