工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

九州整備局/阿蘇大橋上下部工(熊本県南阿蘇村)/大成建設JVに  [2017年3月8日9面]

 九州地方整備局は7日、2月17日に一般競争入札(WTO対象)を開札した「熊本325号災害復旧阿蘇大橋上下部工事」の落札者を52億7500万円で大成建設・IHIインフラ建設・八方建設地域維持型JVに決定した。
 同工事では熊本地震に伴う大規模斜面崩壊により落橋した国道325号阿蘇大橋を権限代行の災害復旧事業で元の位置より約600メートル下流で架け替える。
 概要はPC3径間連続ラーメン箱桁橋、延長345メートル、片持ち架設工法、最大支間長延長165メートル、PR1橋脚(躯体高45・5メートル、大口径深礎工径11メートル×杭長23メートル)、PR2橋脚(躯体高95メートル、大口径深礎工径16メートル×杭長28メートル)、PR3橋脚(躯体高75メートル、大口径深礎工径15メートル×杭長19メートル)、A2橋台(躯体高10・5メートル、場所打ち杭工径1・5メートル×杭長12メートル)など。主要資機材はコンクリート約2万6700立方メートル、鋼材約7300トン。工期20年9月30日。場所は熊本県南阿蘇村地先。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む