工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

蒲蒲線整備(東京都大田区)/先行区間事業費は1260億円/整備主体に三セク想定  [2017年3月29日4面]

蒲蒲線の整備イメージ

 京浜急行電鉄蒲田駅と東京急行電鉄蒲田駅を結ぶ「新空港線(通称・蒲蒲線)」の整備事業の概要が固まった。事業を後押しする東京都大田区は、先行的に整備する東急多摩川線矢口渡駅~京急蒲田駅間の概算事業費を1260億円と試算した。同区は、関係者間での費用分担や財源などの協議を進め、合意後速やかに鉄道施設の整備主体となる第三セクターを設立する方針。鉄道を運行する営業主体は東急電鉄が担当する。
 松原忠義大田区長は、28日に開かれた整備促進区民協議会で「17年度は整備主体の設立に取り組む。これからが重要な段階だ」との考えを明らかにした。
 区は事業化に当たり、既存路線を有効活用し鉄道ネットワークの機能向上を図る「都市鉄道等利便増進法」の採用を想定。整備主体と営業主体に分かれて事業を実施する「上下分離方式」を適用することになる。
 区が本年度にまとめた「新空港線整備調査」の結果によると、矢口渡駅~京急蒲田駅間を同法に基づいて整備した場合、事業の費用便益比は基準値(1・0)を上回る1・5になる。運行開始から31年での黒字転換を見込む。羽田空港までの所要時間が池袋駅で6分、田園調布駅で20分短縮できるなどの効果も期待できるという。
 新空港線は、東急多摩川線を矢口渡駅付近で地下化し、東急蒲田駅と京急蒲田駅を接続した後、京急空港線の大鳥居駅手前で同線に乗り入れ、羽田空港にアクセスする。
 第1期整備区間の矢口渡駅~京急蒲田駅間は、交通政策審議会(交政審、国土交通相の諮問機関)の小委員会が昨年4月に公表した東京圏の鉄道整備に関する答申で、事業化に向けて合意形成を進めるべき路線の一つに位置付けられた。
 第2期整備区間の京急蒲田駅~大鳥居駅間は、乗り入れ方法などを引き続き検討する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む