工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

サンストリート亀戸跡地開発(東京都江東区)/フジタで既存解体着手/再開発会社  [2017年5月10日4面]

解体が始まったサンストリート亀戸跡地

 ◇総延べ18・5万平米のビル2棟整備へ
 東京都江東区の亀戸駅東口で、16年3月に閉店した商業施設「サンストリート亀戸」跡地の開発計画が具体化に向けて動きだした。開発主体の「亀戸六丁目再開発特定目的会社」(高山知也取締役)は8日、フジタの施工で既存建物の解体工事に着手した。開発では、低層の商業施設棟と高層のホテル・住宅棟を整備する方針で、総延べ床面積は18・5万平方メートルを見込む。
 解体工事は18年12月末の完了を目指している。新たに整備する施設は、行政と協議しながら規模を固め、2020年東京五輪の前に商業施設棟、後にホテル・住宅棟をそれぞれ完成させたい考えだ。本体工事の設計者と施工者はいずれも未定。
 サンストリート亀戸跡地(亀戸6の31の1~10、敷地面積2万5000平方メートル)は、JR総武線と東武鉄道亀戸線が乗り入れる亀戸駅から徒歩3分圏内に位置している。1997年に竣工した既存建物はS造5階建て延べ3万7855平方メートルの規模。
 開発主体が示した構想によると、ホテル・住宅棟にコミュニティー機能を備えた上質なホテル、多世代が居住する利便性の高い都市型住宅として、ファミリー向け1200戸、シニア向け約300戸、単身者向け約200~500戸を整備する。
 商業施設棟には、大型スーパーマーケットや温浴施設、サンストリート亀戸と同規模程度の商業施設などの設置を想定している。
 交流と憩いの場となる広場、地域住民や帰宅困難者のための防災広場を設けるほか、敷地を一部割譲し、東側に隣接する第二亀戸小学校の増築棟の建設用地とすることも視野に入れる。
 江東区はこうした構想に対し、合計2000戸規模の住宅整備に伴う児童数の急増によって、周辺の学校施設が不足すると懸念。そのため、開発主体に、現状の計画を見直して住戸数を圧縮するよう求めている。両者の協議の行方によっては、施設規模や用途が大きく変わる可能性もある。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む