工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

山口県下関市/下関港東港・岬之町地区交流拠点検討市場型調査業務入札公告  [2017年12月14日11面]

 山口県下関市は12日、「下関港東港地区及び岬之町地区における交流拠点形成検討に係るサウンディング調査業務」の委託先を決める一般競争入札を公示した。18日まで参加申請、26日まで入札書を受け付け、同日開札する。将来構想の構成施設で想定される利用者、関連する民間事業者等に対するサウンディング(対話)型調査を通じ、地域のニーズや民間活力導入の課題などを把握する。履行期間は18年3月30日まで。
 参加資格は、下関市物品・役務競争入札参加資格者名簿の「調査・分析」に登録され市内に本社、本店を有する者で、同種または類似の業務で官公庁の受託実績を有することなど。
 下関港東港地区と岬之町地区は下関駅と唐戸を結ぶ中心市街地に位置し、前面は関門海峡、背後には国道9号や住宅地の密集した丘陵地が広がっており、港湾と都市の土地利用が隣接したエリア。市街地部には広大な土地が残され、1日約1000隻の船舶が往来する関門海峡を間近に望む全国的に優れた景観を有する地区であり、その将来土地利用には多大な関心が寄せられている。
 業務は海辺のポテンシャルを最大限に生かし、中心市街地と一体の交流拠点として上質な空間形成を念頭に、東港地区と岬之町地区の将来構想の構成施設で想定される利用者や関連する民間事業者などに対するサウンディング調査を通じ、地域のニーズや事業者参画のあり方、民間活力導入への課題などを把握することが目的。
 サウンディング調査を行う想定利用者、民間事業者等は、山口県内で活動する企業など5者を対象に市と協議した上で決定する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む