論説・コラム

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

回転窓/ジョン万次郎没後120年  [2018年1月10日1面]

 本紙連載「建設契約講座」の筆者・草柳俊二氏が近著に書いている。〈幕末という時代において、世界から日本を見つめることの出来た極めて稀な日本人…〉。この日本人とは現在の高知県土佐清水市に生まれ、日米和親条約の締結などに貢献した「ジョン万次郎」こと中浜万次郎である▼仲間と漁に出て遭難した万次郎は無人島に漂着し、米国の捕鯨船に助けられて渡米。そこで学んだ英語や測量学、航海術、造船技術などが帰国後に大いに役立ち、後に幕末の「陰の立役者」と評されるほどの活躍を見せる▼万次郎の辿(たど)った道を「帆船」との関係から捉えた一冊が『幕末と帆船 ジョン万次郎が歩んだ道』(NPO法人高知社会基盤システムセンター発行)。帆船模型の製作も手掛ける草柳氏がこのほど上梓(じょうし)した▼「人」の足跡と、帆船という「物」を組み合わせて幕末がどのような時代であったかを浮かび上がらせる。これまでにないコンセプトで書かれた本で、帆船の構造や建造技術の変遷も知ることができる▼今年はジョン万次郎没後120年。国際化がより進展していく時代にその功績を改めて振り返る意味は大きい。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む