行事

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

積水ハウス、御園座/名古屋市中区に40階建て複合ビル完成/内覧会開く  [2018年1月10日8面]

会見する隈氏〈左〉と小笠原会長

御園座タワー外観

 積水ハウスと御園座は7日、名古屋市中区で建設を進めていた複合ビル「御園座タワー」の内覧会を開いた。新たに生まれ変わった御園座の舞台上の大ぜりなど舞台機構の稼働、分譲マンション「グランドメゾン御園座タワー」の共用部やゲストルームが披露された。設計・施工は鹿島。監修は隈研吾都市建築設計事務所。
 小笠原剛御園座代表取締役会長は「斬新なデザインでシンボリックな施設。地域活性化に貢献していきたい」とあいさつ。監修した建築家の隈研吾氏は、プレゼンテーションで「なまこ壁」の意匠継承や沿道部も含めた建物との一体感の創出など「歴史と伝統を継承し中心市街地発展の核となるよう設計した」と説明した。
 御園座タワーは、演劇文化の発展を担ってきた歌舞伎劇場「御園座」の建て替えに合わせ、優良建築物等整備事業により都心居住を推進する。規模はRC一部S造地下1階地上40階建て延べ約5万6129平方メートル。制震構造を採用した。低層階に劇場(約1300席)と店舗が入る。建設地は中区栄1の162の3ほか。建物は昨年末に完成した。304戸の住宅は既に完売。27日から入居が始まる。御園座は4月1日の開演を予定している。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む