工事・計画

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日本電波塔(東京都港区)/東京タワー特別展望台の改修進む/3月3日から一般開放  [2018年1月12日4面]

トップデッキの内観〈上〉と外観完成イメージ

 東京タワーの特別展望台(トップデッキ、高さ250メートル)の改修工事が進み、3月3日から一般開放される。施設を管理・運営する日本電波塔(東京都港区、前田伸社長)が11日に発表した。同社はトップデッキや高さ150メートルの大展望台(メインデッキ)などを巡るツアーの開催を予定している。
 改修工事ではガラス窓の取り換えなどと合わせて内装を一新。エレベーターの新設などでバリアフリーにも配慮する。建築設計は日建設計、建築設備施工は竹中工務店、内装設計・施工は電通、日展、ドリームスタジオがそれぞれ担当。2月中旬に完成予定だ。
 メインデッキでは営業を継続しながら、東西南北4面の窓をすべて取り換えるリニューアル工事が竹中工務店の施工で進んでいる。19年8月ごろの完成を予定している。
 11日に現地で記者会見した前田社長は「当社が創立60周年を迎える年に、トップデッキを披露できることになりうれしい。東京タワーが東京のランドマークとしての魅力が高まるよう頑張りたい」と語った。

コメント

  • 匿名 より:

    東京タワーは昭和33年3月3日の開業予定がのび12月23日
    になったと聞きます。
    3にゆかりのある日に再開業楽しみですね。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む