技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三菱地所ら/ドローンで地下トンネル点検/東京・丸の内で自律飛行実証実験実施  [2018年2月8日3面]

洞道内を自律飛行するドローン

飛行高度などをリアルタイムで示すドローンの管理画面〈左〉と撮影画面

 三菱地所は6日、東京・丸の内でドローン(小型無人機)を使ったインフラ点検業務の実証実験を行った。丸の内熱供給(東京都千代田区、辻正太郎社長)と、ドローンの安全飛行管理システムの開発などを手掛けるブルーイノベーション(同文京区、熊田貴之社長)との共同実験。衛星利用測位システム(GPS)信号が届かない熱供給配管用の地下道にドローンを飛ばして配管などを撮影し、異常を発見する想定で行われた。
 実験では、丸の内オアゾ周辺の地下にある熱供給用洞道(内径2・6メートル)内の約25メートルの区間を、自律飛行型ドローンが往復した。洞道近くに設けたモニターには、ドローンの飛行高度や速度などの情報と、ドローンが撮影した洞道内の映像が映し出された。
 通常、ドローンはGPSを活用して位置情報を把握する。実験が行われた地下空間ではGPS信号が受信できない。実験に使用したドローンは障害物センサーを搭載し、GPS信号に頼らず自律飛行できる。
 現状の点検作業は、洞道の両側に熱供給配管が設置されているため、作業員が中央の狭いスペースを通りながら、異常がないかどうか目視している。ドローンによる巡視点検が普及すれば、作業員の負担軽減や、人間とドローンの役割分担による点検レベルの向上につながるとしている。
 三菱地所の担当者は「今後、ドローン技術のさまざまな分野への活用が進むだろう。技術革新を促すため、当社は実証実験の場を積極的に提供したい」と語った。ブルーイノベーションの担当者は「最終的には、ドローンが画像認識で配管の漏れを検知し、離れた場所にいるオペレーターに異常を伝達できるようにしたい」と話した。

コメント

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む