企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

三菱地所/ホテル・空港事業を強化/担当部署集約、4月1日に専門事業グループ新設  [2018年2月19日1面]

下地島空港旅客ターミナル施設の完成イメージ

 三菱地所はホテル開発・運営事業と空港運営事業を強化する。社内に分散していた担当部署を集約し、4月1日付で「ホテル・空港事業グループ」を新設。親和性の高いホテルと空港の統合によって、事業拡大のシナジー(相乗効果)を狙う。グループ内にホテル事業部と空港事業部を設置し、それぞれが専門性を発揮しながら業容拡大を目指す。
 同社はグループ会社でホテル事業を展開するロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(東京都千代田区、河野雅明社長)を通じ、ホテルの経営・運営を手掛けてきた。インバウンド(訪日外国人旅行者)の急増を背景に、グループ以外のホテル運営会社からもホテルの建設依頼が増え、数年前から商業施設開発部がホテルの整備を展開してきた。
 今後もホテルの需要増が見込まれることから、商業施設開発部が手掛けるホテル開発事業、新事業創造部のリゾートホテル開発事業、ホテル事業グループのホテル運営事業の所管を新設部署に一元化し、強固な事業推進体制を築く。
 空港事業では、空港運営を担っている新事業創造部内の空港プロジェクト推進室を廃止し、空港事業部を新設する。高松空港(高松市)の公共施設等運営権(コンセッション)事業で4月に、同社が参画する特別目的会社による運営が始まる。下地島空港(沖縄宮古島市)の旅客ターミナル施設整備・運営事業も17年10月に始動させた。新千歳空港など北海道内の7空港の民営化についても事業参画を検討中だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む