企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鹿島/豪州現法が香港の特殊内外装専業会社買収/世界のテーマパーク市場に照準  [2018年3月8日3面]

 鹿島は7日、オーストラリア現地法人のカジマ・オーストラリア(KA、梅原基弘社長)が、香港のシナリオ・コクラム・リミテッド(SCL)を買収したと発表した。SCLは米国やアジアを中心に、テーマパークなどの擬岩や特殊内外装、アトラクションの設計・製作・施工を手掛けている。テーマパーク系施設に強い専業会社を傘下に収め、世界規模で旺盛なテーマパーク市場で存在感を高める。
 SCLは設計から施工までの一貫したサービスと、最先端のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)技術を駆使した設計・エンジニア力や擬岩工事のプレハブ技術などに定評がある。米国をはじめ、中国、東南アジア各国、アラブ首長国連邦など、成長が続く世界のテーマパーク市場で実績を重ね、着実に事業を拡大している。17年12月末時点の従業員数は350人、17年12月期の売上高は約80億円。
 SCLは、14年12月にオーストラリアの建設会社・コクラムが別の企業との共同出資で設立。KAは17年5月にコクラムを買収した。KAは共同出資者からSCLの株式を買い増し、過半を取得。鹿島グループの一員としての位置付けが明確になった。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む