技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

戸田建設/2023年の超高層建築現場構想を発表/ロボや作業自動化で生産性向上  [2018年3月12日3面]

「トダ・イノベーション・サイト~2023年の姿~」で示した超高層建築現場のイメージ

 戸田建設は9日、5年後を想定した超高層建築工事の現場構想「トダ・イノベーション・サイト~2023年の姿~」を発表した。現場の生産性を飛躍的に高めるため、最先端のロボット技術や作業の自動化など具体的な施工技術を盛り込んだ。23年までに各技術を実用化し、全国の作業所に積極的に導入していく。
 同社は、16年12月に「建設の未来像~2030年の姿~」と題した提言を発表。先端技術を活用した10~15年先の建設業の未来像を「未来の歩き方」と題した冊子にまとめた。
 この中で描いた魅力的な建設現場を実現するため、今回の構想では5年後を想定した超高層建築物向けの具体的な施工技術を▽地上構築▽地下構築▽ICT(情報通信技術)施工管理-の三つに分けて整理した。
 地上部は部材の揚重から取り付けまで、一連の作業で自動化を目指す。具体的には、施工BIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)データを基に、3次元(3D)の位置データと工程の管理データを持った鉄骨や外装材を、自動クレーンやAGV(無人搬送車)で所定の位置まで運び、ロボットで組み立てる。
 地下工事は地上と比べ生産性の低さが課題となる。既存建物の解体で基礎部の質量や体積の大きなコンクリートの解体が困難なこと、地下工事自体が山留めの倒れを防止する切梁の錯綜(さくそう)する狭い空間で行われていることなどが理由。これらの課題を解決していくとした。
 ICTによる施工管理では位置測位やネットワーク、IoT(モノのインターネット)、ドローン(小型無人機)などの技術を活用し、現場の生産管理を効率化する。
 今後、中小規模の建築物を対象とした構想もまとめ、幅広く技術開発を進める予定だ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む