技術・商品

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

大林道路/舗装の無人化施工へ重機の制御機構を改造/20年に検証現場へ試行導入  [2018年3月27日3面]

電気制御ユニットを搭載したタイヤローラー

 大林道路は、測量機・計測機器レンタルのソーキ(大阪市西区、都志直博社長)と共同で取り組んでいる無人化施工システムの開発に向けた第1段階として、タイヤローラーの電気制御式への改造を完了した。今後、タイヤローラー以外の重機の電気制御式への改造と並行し、自動運転のソフトウエア開発に着手する。20年には検証現場で無人化施工を試行導入したい考えだ。
 同社は施工の生産性や安全性を高めるため、アスファルト舗装の施工から品質管理までを遠隔操作などで行う無人化施工のシステム開発に取り組んでいる。無人化舗装に向けては走行操舵(そうだ)の無人制御、通信を使った施工の遠隔操作、施工情報のモニタリング、ICT(情報通信技術)を活用したマシンコントロールなど複数の技術融合を目指す。
 今後は施工を制御するソフトウエアの開発(18~19年)、一部有人による遠隔操作施工の確立(19~20年)、品質管理まで含めた無人自動制御(20年)と段階的に開発を推進する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む