企業・経営

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

IHI/福島県相馬市でスマートコミュニティ事業始動/太陽光発電の地産地消実現  [2018年4月6日1面]

 IHIが福島県相馬市でスマートコミュニティー事業を始動した。太陽光で発電した電力の地産地消の実現と、地域振興・発展をリンクさせるのが目的。4日、石戸利典IHI取締役や立谷秀清相馬市長らが参加し「そうまIHIグリーンエネルギーセンター」の開所式が行われた。
 同事業は同センター内(敷地面積5・4ヘクタール)に新設した出力1600キロワットの太陽光発電施設の電力を、相馬市下水処理場などに送電する。余剰電力は水素製造や下水汚泥の乾燥に利用する実証事業などに活用する。水素社会の到来を見据え、水素の利用方法やエネルギーキャリアー転換技術の研究などを推進する計画。「水素を活用したCO2(二酸化炭素)フリーの循環型地域社会創り」を目指す。
 太陽光による発電量の変化に応じ、▽水電解水素製造装置負荷▽電気ボイラー負荷▽大型蓄電池の充放電量▽太陽光発電設備-など発電量を制御する地産地消型エネルギーマネジメントシステムを導入。太陽光発電設備からの発電量すべてを地産地消する。
 さらにセンター内にはBCP(事業継続計画)用として、国内最大級の出力25キロワット燃料電池発電設備を装備した。加えて災害時に最大420キロワット時の電力を、同センターに隣接する災害時拠点「復興交流支援センター」に自営線で供給する体制も整えた。供給量は21日分の消費電力に相当する。
 IHIは同事業により、再生可能エネルギーの地産地消の実現と、地域主導の新たな自律事業モデルを創出。震災復興から一歩踏み出し、地域経済の活力再生に向けた新しいまちづくりの一躍を担う考えだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む