行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

神奈川県開成町/新庁舎建設計画がZEB最高ランク認証取得/庁舎では全国初  [2018年4月17日1面]

新庁舎の完成イメージ

 神奈川県開成町の新庁舎建設計画が、設計段階で建築物省エネルギー性能表示制度(BELS)の「Nearly ZEB」と「最高ランク」の認証を取得した。庁舎としては全国初の認証取得という。設計は松田平田設計。
 建設地は開成町延沢773。新庁舎の規模はRC一部S造3階建て延べ3891m2(高さ約16m)。基礎免震構造を採用する。
 設計コンセプトは「ひとと自然が調和したみらいへの空間~『田舎モダン』を象徴する庁舎~」。高度な省エネ技術などと連携させながら、自然光や通風など自然環境を効率よく活用する。井水熱を利用した蓄熱槽や輻射(ふくしゃ)空調、LED照明の調光制御などを導入し、ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)対応の低炭素型庁舎として町のブランドイメージの向上につなげる。
 町は一般競争入札で施工者を選定中。開札は6月13日を予定している。予定価格は25億3478万1600円(税込み)。工期は19年11月29日まで。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む