行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日建連意見交換会・中部地区/現場の実態に即した工期設定を/受発注者で週休2日推進  [2018年5月15日1面]

 日本建設業連合会(日建連)と国土交通省中部地方整備局など公共発注機関との中部地区の意見交換会が14日、名古屋市内で開かれ、週休2日の実現に向けた工程管理などで議論が行われた。
 日建連の村上考司中部支部長は、「『間に合うのか』という発注者の働き掛けは、週休2日の工程の解除につながりかねない」と指摘し、段取り替えなど現場作業の実態に基づく工期設定の重要性を強調。小原好一土木本部副本部長は「時間を要素にした工程の構築」を申し入れ、茅野正恭公共工事委員長は「受注者の責任ではない工程の延長がある。週休2日を達成できなかった場合の扱いを明確にしてほしい」と求めた。
 中部整備局は発注者指定型を原則とし、週休2日対象工事に意欲的に取り組む方針を表明した。現場の進行管理やコストの増大リスクなどを検討する職員だけの検討会に、受注者が参加する措置を講じている状況などを説明した。技能者の賃金のチェック、安全対策の強化も求めた。企業評価に役立てるため、ワーク・ライフ・バランス(仕事と家庭の調和)関連の認定取得も要請した。
 塚原浩一中部整備局長は「現場の意識の徹底、運用のチューニングを議論しながら進めたい」と発言。コンプライアンスを巡るルールの徹底も求めた。宮本洋一日建連土木本部長は「(週休2日の)方向性を共有しながら進めたい。私たちの問題も一緒になって解決したい」と会合を総括した。
 意見交換会の出席者は次の通り。
 【日本建設業連合会】宮本洋一副会長(土木本部長、鉄道建設本部長、復旧・復興対策特別委員長)▽清水琢三副会長(土木本部副本部長、災害対策委員長)▽竹中康一理事(土木本部副本部長、安全対策本部長)▽小原好一理事(土木本部副本部長、生産性向上推進本部長、会計・税制委員長)▽木村昌司専務理事▽河邊知之理事▽大野達也理事▽大隅健一理事(土木工事技術委員長)▽小池剛常務理事▽茅野正恭公共工事委員長▽台和彦公共契約委員長▽佐藤健人公共積算委員長▽山中庸彦インフラ再生委員長▽岩田義雄建築制度委員会積算部会委員▽小寺健司土木運営会議委員▽澤井清土木運営会議委員▽村上考司中部支部長▽近藤昭二中部支部副支部長▽片山豊中部支部副支部長▽谷口寛明中部支部副支部長▽山口和彦中部支部副支部長▽伏島豊太中部支部副支部長
 【国土交通省中部地方整備局】塚原浩一局長▽元野一生副局長▽長谷川周夫副局長▽岩田美幸企画部長▽西口学建政部長▽河南正幸道路部長▽田中知足港湾空港部長▽植木暁司営繕部長▽松浦直企画調整官▽山根孝之技術調整管理官▽中平浩文技術開発調整官▽筒井保博総括技術検査官▽松居孝道建設産業調整官▽石川博基河川調査官
 【自治体など】大野真義岐阜県県土整備部土木技監▽長繩知行静岡県交通基盤部理事▽風岡嘉光愛知県建設部技監▽真弓明光三重県県土整備部副部長▽澤野和隆静岡市建設局理事▽山村宜之浜松市土木部技術監理課長▽西尾一郎名古屋市緑政土木局参事▽青井保男水資源機構中部支社副支社長▽平井節生名古屋高速道路公社副理事長▽村田啓中日本高速道路名古屋支社環境・技術管理部長
 【オブザーバー】加藤均JR東海建設工事部次長▽林信彦中部電力土木建築室課長。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む