行政・団体

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日建連意見交換会・九州地区/週休2日試行工事に発注者指定型導入/適切な工程管理を  [2018年5月18日1面]

 日本建設業連合会(日建連)と国土交通省九州地方整備局など公共発注機関との九州地区の意見交換会が17日、福岡市内で開かれた。週休2日や入札契約制度の議論が行われ、九州整備局は受注者希望型で対応してきた週休2日試行工事に18年度から発注者指定型を導入し、状況を見て拡大を検討する考えを表明した。
 週休2日試行工事について、日建連は受発注者の役割分担の明確化と共に、適切な工程管理の実施が前提となる発注者指定型の全面導入を求めていた。
 意見交換会の冒頭、増田博行九州整備局長は「若手に民間、行政へ来てもらうため、受発注者がウィン・ウィンとなる業務、環境の改善を進めねばならない」と述べた。菊地春海内閣府沖縄総合事務局次長は「観光が経済全体を引き上げ、インフラ整備が叫ばれている。実り多い成果を意見交換で残したい」とあいさつ。宮本洋一日建連土木本部長は「国民、発注者の協力を得て、働き方改革、週休2日の実現を進めたい」と意欲を見せた。
 九州整備局は、総合評価方式の段階的選抜方式の技術者評価で、4年以内の工事成績を対象としていたり、役職による評価点の差が目立っていたりする。日建連は「若手技術者を登用しにくい」と申し入れてきており、整備局は工事の経験・成績を複数年求めない措置などを説明し、理解を求めた。日建連は、受注者の申し出がなくても設計変更に伴う概算金額を明示することなども求めた。
 意見交換会の出席者は次の通り。
 【日本建設業連合会】宮本洋一副会長(土木本部長、鉄道建設本部長、復旧・復興対策特別委員長)▽清水琢三副会長(土木本部副本部長、災害対策委員長)▽竹中康一理事(土木本部副本部長、安全対策本部長)▽小原好一理事(土木本部副本部長、生産性向上推進本部長、会計・税制委員長)▽木村昌司専務理事▽辻井靖理事▽蔦田守弘理事(建築生産委員長)▽錢高久善理事▽林康雄理事(鉄道建設本部副本部長、鉄道工事委員長)▽秋山優樹理事▽小池剛常務理事▽茅野正恭公共工事委員長▽台和彦公共契約委員長▽佐藤健人公共積算委員長▽山中庸彦インフラ再生委員長▽八木田国幹建築制度委員会積算部会委員▽池上徹土木運営会議委員▽小寺健司土木運営会議委員▽植田和哉土木運営会議委員▽織田洋土木運営会議委員▽菊地眞土木運営会議委員▽津久井雄史土木運営会議委員▽伊藤淳土木運営会議委員▽金子賜土木運営会議委員▽足立宏美土木運営会議委員▽河野健吾九州支部支部長▽吉田卓生九州支部副支部長▽寺本剛啓九州支部副支部長▽梶山雅生九州支部副支部長▽堤義人九州支部副支部長▽大西亮九州支部副支部長▽魚谷和亮九州支部副支部長▽引田守九州支部副支部長▽竹下浩九州支部副支部長▽有浦幸夫九州支部契約委員会副委員長▽秋里乃武宏九州支部積算資材委員会副委員長
 【国土交通省九州地方整備局】増田博行局長▽村岡猛副局長▽下山洋文副局長▽藤巻浩之企画部長▽井浦義典建政部長▽竹島睦河川部長▽佐藤彰芳営繕部長▽鶴敏信道路調査官▽坂元浩二技術調整管理官
 【自治体など】菊地春海内閣府沖縄総合事務局次長▽元永秀水資源機構筑後川局局長▽綿貫正明鉄道建設・運輸施設整備支援機構九州新幹線建設局局長▽廣畑浩司西日本高速道路九州支社支社長▽森田欣明福岡県県土整備部次長▽山田幸正佐賀県県土整備部建設・技術課副課長▽藤田雅雄長崎県土木部技監▽田尻雅裕熊本県土木部土木技術管理課長▽麻生卓也大分県土木建築部審議監▽蓑方公宮崎県県土整備部次長▽徳留忠昭鹿児島県土木部監理課技術管理室長▽永山淳沖縄県土木企画統括監▽石松毅彦北九州市技術監理局長▽名古屋泰之福岡市財政局理事▽吉留健士熊本市総務局契約監理部技術管理課長
 【オブザーバー】吉野敏成JR九州鉄道事業本部施設部長▽高森重治九州電力土木建築本部安全・業務基盤グループ長。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む