サイト内検索

検索結果:16764件

検証CCUS-持続可能なシステムに・6/発注行政を巻き込み普及促進 [2020年9月17日]

 1月6日に開かれた建設業関係11団体主催の賀詞交換会。日本建設業連合会(日建連)の山内隆司会長は年頭のあいさつで、いの一番に建設キャリアアップシステム(CCUS)の普及を挙げた。昨年、国土交通省が選定したCCUSモデル工事が「公共工事での義務化の第一歩だ」とし、CCUSの登録を強く促した。



 山内会長は昨年から公の場に出るたびに、CCUSの必要性を繰り返し訴えてきた。今...続きを読む

検証CCUS-持続可能なシステムに・5/人手不足感に温度差、足並みそろわず [2020年9月16日]

 今回の料金改定に当たり、国土交通省は当初、官民の関係者でつくる建設キャリアアップシステム(CCUS)運営協議会の運営委員会を通じて合意形成を図ろうとした。会議終了後、ある運営委員は「収入が足りているかどうかを誰が責任を持って試算しているのか。本当に新料金でシステムを持続できるのか。(問題が発生した)後から新料金はみんなで決めたと言われても困る」と、複雑な胸の内を明かした。


...続きを読む

建コン協/20年度意見交換会が折り返し/業務発注平準化「道半ば」 [2020年9月18日2面]

 建設コンサルタンツ協会(建コン協、高野登会長)と国土交通省地方整備局など公共発注機関による2020年度の意見交換会は、14日の中部地区が終了し折り返しを迎えた。担い手確保・育成に向けた環境整備などを議論。年度末に集中する業務納期を平準化する動きは改善がみられるものの、協会が設定する目標30%を達成している整備局は皆無で、道半ばの状況にある。建コン協は引き続き要望活動で平準化の実現を訴える。
 ...続きを読む

日建経/BIM活用状況調査結果/研究会所属全社が導入、7割超が活用 [2020年9月18日1面]

 日本建設業経営協会(日建経、原眞一会長)の中央技術研究所は、会員企業のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)活用状況の調査結果をまとめた。BIM研究会に所属する9社を対象にアンケートを実施。全社がBIMを導入し、7割超が「活用している」と回答した。活用拡大に向けては、人材不足に加え、「施工段階までの社内ルールが整備されていない」といった意見が寄せられており、体制面の課題が浮き彫り...続きを読む

赤羽一嘉国交相/「現場主義」徹底へ/防災・減災も着実に [2020年9月18日1面]

 16日発足した菅内閣で再任された赤羽一嘉国土交通相は計画的、重点的な社会資本の整備を重要施策の柱に掲げた。新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会・経済活動の両立を図りつつ、社会・経済構造や生活様式の変化を予測し適切な施策を講じる。所信表明として「引き続き『現場主義』を徹底し、国民が安心して豊かな生活を送ることができるよう、国交省の総力を挙げて取り組んでいく」との考えを表明した。
 赤羽国交相は...続きを読む

国交省・中原淳国土政策局長が就任会見/緊急対策後も国土強靱化を強力に推進 [2020年9月18日1面]

 国土交通省の中原淳国土政策局長は16日、日刊建設工業新聞社など専門紙各社の取材に応じ、国土強靱化を最重要課題に掲げ「防災・減災、国土強靱化のための3か年緊急対策」(2018~20年度)後も取り組みを強力に推進すると表明した。社会情勢の変化などを踏まえた長期的な国土政策の方向性も来夏の策定に向け着実に検討する。
 中原氏は「災害から国民の命と暮らしを守るのは極めて重要な責務」と強調。政府の方針を...続きを読む

東日本大震災被災3県/工事入札で震災特例の見直し検討/岩手県は廃止・継続項目整理 [2020年9月18日6面]

 東日本大震災で大きな被害を受けた岩手、宮城、福島の3県は、被災地の施工確保対策として行っている工事入札の震災特例制度の見直しを検討する。岩手県は震災前のスキームに戻したり、一般の制度として継続したりする項目案を整理。宮城県も同様の作業を進めている。震災関連工事の発注が減る中、2021年度以降も新たな災害を想定した施工確保や地元業者の負担軽減に考慮した制度設計が求められる。
 岩手県はこのほど開...続きを読む

鴻池組ら/AI人物検知システムを開発/2段階検知で人と重機の接触災害防止 [2020年9月18日3面]

 鴻池組とニシオティーアンドエム(大阪府高槻市、西尾英一社長)は、人工知能(AI)画像識別を用いて重機への人の近接を検知し接触災害を防止するシステムを開発した。接触リスクが高い範囲を「危険域」として設定し、人が入った場合に自動停止する。その周辺を「警戒域」として設定して警報を発令する仕組みも取り入れ、2段階で接触災害を防ぐ。
 開発した「人物段階検知システム」は、ニシオティーアンドエムの重機接触...続きを読む

新日本空調ら/抗菌ユニットなど開発し換気システム構築/飛まつ感染防止に貢献 [2020年9月18日3面]

 新日本空調は汚染物の封じ込め技術を応用したダクト接続型の「可搬式抗菌フィルターユニット」と、患者の頭部を囲い飛沫(ひまつ)を防ぐ「自立型感染防止フード」を活用し、新たな換気システムを構築した。医療現場を含むさまざまな施設での利用を想定。空気の清浄度を保ちながら新型コロナウイルスの飛沫感染防止に貢献する。
 フィルターユニットとフードは工業用関連機器メーカーの日進技研(東京都千代田区、中嶋貴輔社...続きを読む

回転窓/女性からの視座 [2020年9月18日1面]

 韓国の女性作家チョ・ナムジュ氏の小説『82年生まれ、キム・ジヨン』(筑摩書房)が映画化され10月に公開される。家事や育児に追われる女性が主人公。幼少期から就職活動、社会人の折々の場面で、女性という理由で困難を強いられる姿を描いている▼「どうして他人に施しをするみたいな言い方するの?」。妊娠して退職を決意した時、夫から「手伝う」と言われ、いらだちを隠さず主人公が言い放ったせりふだ▼統計データや実際...続きを読む
1 2 3 4 5 1,677