サイト内検索

検索結果:18132件

ESR/大阪市にデータセンター建設用地取得/3棟最大78MWのIT電力容量確保へ [2021年4月9日4面]

 ESR(東京都港区、スチュアート・ギブソン代表取締役)は8日、大阪市内でデータセンターの開発用地を取得したと発表した。稼働中のデータセンターが立地し、複数の大規模データセンターが建設できるスペースもある。まずは2棟のデータセンターを新規に建設する計画。将来的に3棟合計で最大78メガワットの電力容量を持つ施設群にする方針。施設の所在地や売り主、購入金額は公表していない。データセンターを開発するのは...続きを読む

大林組、内外テクノス/内装用不燃木質建材を発売/シート加工で製造工程短縮 [2021年4月9日3面]

 大林組は、グループ会社の内外テクノス(東京都新宿区、矢納正人社長)と共同開発した内装用不燃木質建材「アルファティンバー」の販売を始めた。基材(スギ材)に特殊なアルミ箔(はく)複合シートを貼るだけで、不燃木材として使える。難燃剤を注入し長期間の乾燥が必要だった従来方法に比べ、製造期間を半分以下に短縮。施工コストは同等程度に抑えた。
 アルファティンバーは、難燃剤が表面に溶け出し木材表面を白く汚す...続きを読む

回転窓/変わらない物の価値 [2021年4月9日1面]

 新型コロナウイルスの感染拡大を契機に業務の洗い出しを行ったと企業関係者に聞いた。ウェブ会議やテレワークの進展などを踏まえ、仕事の在り方を柔軟に見直す試みだ▼興味深いのは、恒例行事の扱い。顧客へのヒアリングで、想定以上に有意義に受け止められていたことが分かった。感染症対策への配慮が必要なため従来通りとはいかないものの、コロナ禍でも継続する判断に至ったそうだ▼民主党政権下で事業仕分けが盛んに叫ばれた...続きを読む

国交省/営繕工事で情報共有システム利用原則化/維持管理含めBIM活用試行へ [2021年4月9日1面]

 国土交通省は直轄営繕事業でBIMや情報共有システム、遠隔臨場の活用を拡大する。維持管理段階を含む一貫したBIMの活用を、2021年度に発注するPFI事業で初めて試行。情報共有システムは原則すべての営繕工事で発注者指定にする。監督職員の立ち会いを必要とする作業の一部に適用する遠隔臨場は試行件数を昨年度より大幅に増やす。工事・業務関係書類の押印廃止やオンライン化も推進し、営繕事業の生産性向上につなげ...続きを読む

鹿島/粉じん飛散防止材開発/土壌皮膜で土ぼこり抑制、微生物分解で元の状態に [2021年4月9日1面]

 土ぼこりをシャットアウト--。鹿島が生分解性と耐候性を兼ね備えた液体状の粉じん飛散防止材を開発した。土に散布すると翌日には表土部分が融着融合して固い膜を形成する。紫外線や降雨、強風などへの耐候性に優れ約半年間効果が持続する。水生生物に対する安全性は確認済み。現場周辺環境への影響を低減できる。土壌微生物が防止材を分解するため、時間が経過すると通常の土に戻る。価格は既製品と同程度。代理店を通じて販売...続きを読む

オリエンタル白石・大野達也社長に聞く/グループ再編で意思決定迅速 [2021年4月9日1面]

 オリエンタル白石が、純粋持ち株会社としてグループを統括していたOSJBホールディングス(HD)を吸収合併し、東証1部に1日上場した。タイコー技建(茨城県つくば市、松野明浩社長)と山木工業HD(福島県いわき市、石渡一郎社長)に加え、日本橋梁(大阪市西区、坂下清信社長)が傘下に入り、オリエンタル白石がけん引する新体制を構築。意思決定の迅速化やグループ内連携を強化し、安定的な成長軌道を目指す。
 -...続きを読む

東京建物とHPL/大阪市北区に超高層複合タワー/設計は日建設計、施工は竹中工務店 [2021年4月9日12面]

 東京建物は8日、大阪市北区堂島で高級ホテルとマンションが一体化した超高層複合タワー「ONE DOJIMA PROJECT」の開発に着手したと発表した。シンガポールの不動産会社「ホテルプロパティーズ(HPL)」との共同事業。カナダに本拠を置く高級ホテル「フォーシーズンズホテル」が大阪に初進出する。建物全体の設計は日建設計、施工は竹中工務店が担当。インテリアは国内外のデザイナーが参画する。
 両社...続きを読む

三井不/八重洲二丁目北地区再開発事業の街区名称決定/東京ミッドタウン八重洲に [2021年4月9日4面]

 三井不動産は、参加組合員として参画する「八重洲二丁目北地区第一種市街地再開発事業」(東京都中央区)の街区名称を「東京ミッドタウン八重洲」に決めた。三井不が展開する大型複合施設ブランド「東京ミッドタウン」として、3カ所目の施設となる。2棟総延べ約29万平方メートルのビルを整備する大規模プロジェクト。2022年8月末の竣工を目指す。
 対象区域はJR東京駅の東側に近接する八重洲2ほか(区域面積約1...続きを読む

北海道上富良野町/町立病院改築基本計画策定/DB、CM方式採用 [2021年4月9日6面]

 北海道上富良野町は、施設の老朽化が進む町立病院の改築に向け「町立病院改築基本計画」を策定した。新病院は延べ5400平方メートルの規模で、概算事業費に37億円を試算。整備手法は設計・施工一括(DB)方式とし、CM(コンストラクションマネジメント)方式も活用する。2021年度は基本計画に引き続き長大で基本設計を進める。
 現町立病院(大町3丁目)はRC造2階建て延べ3717平方メートルの規模で、1...続きを読む

国交省/官庁施設の建築構造設計基準改定/21年度営繕工事設計から適用 [2021年4月9日2面]

 国土交通省は官庁施設の構造設計に適用する「建築構造設計基準」と「同資料」を改定した。建築基準法などで定められている性能水準に上乗せしたり、追加検討を求めたりする事項を明確に示す内容に改めた。学識経験者などで構成する検討会で聴取した意見を踏まえ、大地震動時の構造体の安全性を確認する手法など、構造設計で求める事項を確認する具体的な手法も一部見直した。
 全面的な改定は2010年度以来。改定内容を3...続きを読む
1 2 3 4 5 1,814