サイト内検索

検索結果:19495件

東大、積水ハウス/未来の住まいの在り方テーマに研究拠点開設/隈研吾らが監修 [2021年10月15日3面]

 東京大学大学院工学系研究科と積水ハウスは14日、未来の住まいの在り方をテーマにした研究や次世代の建築人材育成の拠点施設「T-BOX」を東京都文京区の東京大学工学部1号館内に新設し、運用を始めた。建築家の隈研吾東京大学特別教授らがデザインを監修。国際デザインスタジオやデジタルファブリケーション、デジタルアーカイブの役割を担う。デジタル技術を活用して多様なニーズに対応する「住宅イノベーション」の実現...続きを読む

東和不/東京・青海に大規模アリーナ/延べ4・5万平米、23年4月着工へ [2021年10月15日4面]

 トヨタグループの東和不動産(名古屋市中村区、山村知秀社長)は、東京臨海副都心の青海地区に多目的アリーナなどを整備するプロジェクトで、アリーナの建設工事に2023年4月着手する。建物は3棟構成。総延べ面積は約4万5000平方メートルで、高さ約40メートルを計画している。設計者と施工者は決まっていない。25年6月の完成を目指す。
 建設地は複合施設「お台場パレットタウン」に位置する。住所は東京都江...続きを読む

理研、オリエンタル白石/超小型の非破壊検査装置を開発/橋梁点検車に搭載可能 [2021年10月15日3面]

 理化学研究所(理研)とオリエンタル白石は14日、コンクリート構造物内の塩分量から劣化状況を診断できる超小型の非破壊検査装置「中性子塩分計 RANS-μ(ランズ-マイクロ)」を開発したと発表した。中性子線を照射した際に、中性子との反応後に発生するガンマ線を利用することでコンクリート内部の塩分を測定する。2022年度に実際の橋梁に試験適用し、22年度以降の実用化を目指す。
 装置は中性子を入射する...続きを読む

回転窓/参加を導く努力を [2021年10月15日1面]

 菓子メーカーの亀田製菓が商品の味付けをテーマにキャンペーンを展開中だ。わさび味と梅しそ味の柿の種に、辛さや酸っぱさを強める要望が寄せられたが、どの程度が良いのか定まらない。そうであれば顧客に聞こうと「全国統一品質審査」と銘打った▼PR動画では、本気で悩む同社にタレントのマツコ・デラックスさんが「世に問うべきよ」と促す。現行製品と辛さなどを強めた再現レシピを比べてもらい、最多得票の味は期間限定で商...続きを読む

茨城県下妻市/新庁舎整備が起工/実施設計・施工は清水建設JV [2021年10月15日5面]

 茨城県下妻市は14日に「下妻市庁舎等整備工事」の起工式を計画地で開いた。基本設計はパシフィックコンサルタンツ、発注者支援業務は明豊ファシリティワークスが担当。清水建設・塚田建材・楠山設計JVの実施設計と施工で2023年10月の完成を目指す。本体工事は12月に着手する。
 起工式では楠山設計の久寿米木康宣社長が鎌、菊池博市長が鍬、坂田浩二清水建設関東支店副支店長と塚田建材の塚田隆代表取締役が鋤を...続きを読む

衆院解散-コロナ下の総選挙/成長へ公共投資焦点/防災・減災重視の姿勢目立つ [2021年10月15日1面]

 衆院が14日の本会議で解散し19日公示、31日投開票に向け選挙戦が事実上スタートした。コロナ下での総選挙は、建設産業に関連する視点で国土強靱化やインフラの老朽化に対処するための予算確保、地域の守り手である建設会社を含めた産業政策、経済活性化につながる公共投資などが焦点になりそうだ。各党のマニフェストや政策提言などを見ると、自民、公明両党は防災・減災も含め安定的な投資で安全と成長の両立を訴える。防...続きを読む

全建ブロック会議・中国地区/安全守る建設予算確保を/健全発展へ適正利潤不可欠 [2021年10月15日1面]

 全国建設業協会(全建、奥村太加典会長)と国土交通省による2021年度中国地方ブロック会議が14日、岡山市で開かれた。全建傘下の5協会で構成する中国ブロック協議会(会長・荒木雷太岡山県建設業協会会長)は中国地方で相次ぐ大規模自然災害を踏まえ、防災対策に充てる公共事業予算の確保などを要望した。
 席上、荒木会長は「地域建設業は担い手不足など極めて困難な経営状況にある。建設産業の健全な発展と技術・技...続きを読む

北陸整備局/利賀トンネル2工区WTO入札公告/10月18~25日に参加受付 [2021年10月15日8面]

 北陸地方整備局は15日、「利賀トンネル(2工区)工事」の一般競争入札(WTO対象)を公告する。段階選抜方式採用で1次申請は18~25日、2次申請は11月18日~12月17日に契約課契約係(電話025・280・8880、内線2527)で受け付ける。開札は2022年2月22日に行う。
 週休2日(発注者指定方式)、ワーク・ライフ・バランス等推進企業の評価、建設キャリアアップシステム(CCUS)義務...続きを読む

近畿整備局紀南河川国道/建設中のすさみ串本道路でDXの取り組みを公開 [2021年10月15日10面]

 建設現場におけるインフラ分野のDX(デジタルトランスフォーメーション)が加速する中、近畿地方整備局の紀南河川国道事務所は、和歌山県南部で建設中のすさみ串本道路の現場で、インフラDXの取り組みを報道関係者に公開した。
 すさみ串本道路は、一般国道42号の和歌山県串本町サンゴ台からすさみ町江住間を結ぶ延長19・2キロの自動車専用道路。東南海南海地震による津波高を回避できるよう計画されているため構造...続きを読む

2021提言特集/DXの実像/デジタル変革の道筋 [2021年10月15日24面]

 ◇マッキンゼー・アンド・カンパニー・鍋島憲司パートナーに聞く
 日本の国際競争力低下が叫ばれて久しい。日本の存在感を高めるためには生産性向上が不可欠であり、成否の鍵を握るのがDXになるとみられている。国民の暮らしや経済活動を支える社会基盤を担う建設業界も同様だ。デジタル変革を進めていく道筋をどう考えていくべきなのか。大手コンサルタントのマッキンゼー・アンド・カンパニーの東京オフィスでパートナー...続きを読む
1 2 3 4 5 1,950