サイト内検索

検索結果:13431件

国交省/NETISに自治体などの評価追加/第1弾に170技術、近く情報提供 [2015年5月7日1面]

 国土交通省は、「公共工事等における新技術活用システム」(NETIS)に登録された技術について、15年度から地方自治体など外部機関の評価を取り込む。第1弾として新潟、長野、静岡、山口、高知の5県と土木学会、地盤工学会の7機関から推薦のあった約170技術にそれぞれ「他機関の評価結果」を閲覧できる機能を追加する。今月中旬に情報提供を開始し、順次拡大する。自治体など外部機関の評価の追加と併せ、現場での活...続きを読む

国交省/建設業の魅力伝える映像作成/HPで公開、工高などにDVDも配布 [2015年5月7日1面]

 国土交通省は、学生などに建設業の魅力を紹介する映像「建設現場へGO!~地域を守り、街を元気にする建設業」を作った。本編(19分)とダイジェスト版(3分)を建設業振興基金が運営するポータルサイト「ヨイケンセツドットコム」(http://www.yoi-kensetsu.com/index.html)、ダイジェスト版を同省のホームページ(http://www.mlit.go.jp/)で閲覧できるよう...続きを読む

日建連/生産性向上へ活動強化/新工法リーフレット作成、設計段階での配慮要望 [2015年5月7日1面]

 日本建設業連合会(日建連)の土木本部(宮本洋一本部長)は、工事の生産性向上を目的とした活動を強化するため、省力化、省人化、急速施工に効果のある新技術・新工法、プレキャスト(PCa)化、機械式鉄筋定着工法などをまとめたリーフレットを作成した。12日に始まる15年度の公共発注機関との意見交換会で発注機関に提供。人口減少下で生産体制を維持するのに欠かせない生産性向上を進めるため、技術や工法、設計段階で...続きを読む

浜島化成/EPS軽量盛り土材工法で業績伸ばす/土木用発泡スチロール武器に [2015年5月7日3面]

 土木資材メーカーの浜島化成(愛知県豊川市、浜島俊六社長)が製造・販売する軟弱地盤向け「EPS軽量盛り土材」の納入実績が20万立方メートルに達した。発泡スチロールの大型ブロックを積み重ねるだけで盛り土の役割を果たす。軽量のため重機を使わずに施工でき、耐圧縮性や耐水性にも優れる。こうした利点が評価され、橋梁などの現場に浸透した。浜島社長は「誠実な仕事で信頼をより高めていきたい」と一層の普及に力を入れ...続きを読む

東北整備局/アドバイザー・コンサル登録制度試行/全国初、災害・緊急時に助言 [2015年5月7日1面]

 国土交通省東北地方整備局は、災害などの際に専門知識を持つ建設コンサルタントなどに技術的助言を求める「アドバイザー・コンサルタント制度」の試行を始める。災害対応や維持補修、各種モニタリングといった13分野が対象。該当する技術者がいる企業・団体とあらかじめ協定を結んでおき、相談を求めたい事案が発生した時に、整備局の出先事務所から助言を依頼する。費用は、対応にかかった時間を勘案し、随意契約によって支払...続きを読む

通天閣(大阪市浪速区)/世界初の免震タワーに/竹中工務店で装置設置完了 [2015年5月7日10面]

 大阪のシンボル「通天閣」(大阪市浪速区、高さ103メートル)が上部構造を免震ゴムで支える世界初の免震タワーに生まれ変わった。柱脚部で免震装置の設置が完了し、これまでタワー上部を支えていた柱4本のうち、最後に残った南東の柱を1日、通天閣を経営する通天閣観光の西上雅章社長が切断した=写真上。免震改修の設計・施工は竹中工務店が担当。14年10月に着工。今後、初代通天閣のエントランスをイメージした吹き抜...続きを読む

国交省/羽田空港施設増強へ、16年度予算に調査費要求/誘導路や駐機場再編 [2015年5月7日2面]

 国土交通省は、2020年東京五輪までに羽田空港の発着回数を増やせるようにするため、施設増強整備の調査・設計費を今夏の16年度予算概算要求に計上する方針を固めた。対象施設は誘導路や駐機場、保安施設など。17~19年度に空港周辺の住宅地などで計画している防音対策工事への支援と併せ、空港施設本体の増強工事に取り組む。同省は、羽田空港の増強整備の予算編成方針を、1日に開かれた有識者会議「羽田空港機能強化...続きを読む

早稲田大学/戸山キャンパス記念会堂建替/清水建設で16年4月着工 [2015年5月7日4面]

 早稲田大学は、東京都新宿区の戸山キャンパスにある記念会堂(37号館)を延べ約1・4万平方メートル規模の多機能型スポーツアリーナ(新37号館)に建て替える。アリーナを地下2階~地上1階部分に配置し、屋上部には緑豊かな丘状の広場「早稲田の杜」を設ける計画。7月以降に既存建物の解体に入り、16年4月の本体着工、19年3月の供用開始を目指す。基本計画・基本設計は山下設計、実施設計・監理は山下設計・清水建...続きを読む

日本地盤協会が発足/地盤工事業者の全国ネットワーク構築/地盤保証も提供 [2015年5月7日3面]

 地域に精通した地盤調査・補強工事業者のネットワークを構築し、独自の保証制度で会員の事業活動をサポートしていくことを目的とした「日本地盤協会」(東京都港区、片岡雅美代表理事)が発足した。地盤調査・補強工事を対象とする同協会の保証制度は、住宅を建てる工務店と地盤業者の間に地盤保証会社が介在する従来方式とは異なり、地盤業者から同協会が直接申し込みを受け付けるのが特徴。10社でスタートし、年内に100社...続きを読む

主要ゼネコン/15年3月期、業績上方修正相次ぐ/工事採算改善、為替差益も [2015年5月7日3面]

 主要上場ゼネコン各社の間で、15年3月期決算の発表を前に業績予想を修正する動きが相次いでいる。1日午後4時までに、売上高上位25社のうち11社が業績予想の修正を発表。うち9社が売上高を前回予想より引き上げた。利益を上方修正する社も多く、株主への利益還元として期末配当の増配に動く社も目立つ。主要ゼネコンの15年3月期決算発表は11日に始まり、15日に出そろう予定だ。
 連結ベースの売上高は、前回...続きを読む