サイト内検索

検索結果:12630件

BIMの課題と可能性・52/樋口一希/鹿島の「Global BIM」・4 [2015年2月5日]

 建設業におけるBIM運用のマイルストーンとなると考えられる鹿島の「Global BIM」。社内外へ及ぶ広範な影響と今後の展開について報告する。



 □設計と施工を連携する『基本モデル』でゼネコンの優位性を確保して他社設計にも対応□



 鹿島が海外の外注組織を使ってBIMモデリングが可能なのは、各種設計情報をモ...続きを読む

環境省/中間貯蔵施設予定地で建設工事始まる/福島県双葉町・大熊町で [2015年2月4日1面]

 環境省は3日、福島第1原発事故に伴う除染で出た福島県内の汚染土壌などを最長30年間保管するために整備する中間貯蔵施設の予定地で初の建設工事を始めた。施工は前田建設・西松建設・田中建設JVと清水建設・熊谷組JVが担当する。住宅地の仮置き場などに残された膨大な量の汚染土を搬入する施設で、政府は復興加速に不可欠な施設と位置付けている。雪が残り、放射線量も高い現場で、防護服姿の作業員ら総勢100人が作業...続きを読む

14年度補正予算が成立/国交省分は5451億円 [2015年2月4日1面]

 政府の14年度補正予算が3日、成立した。予算規模は3兆1180億円。経済対策を柱とし、個人消費の回復や地方の活性化に重点を置いた。このうち、国土交通省分には、災害復旧を含めた公共事業費に3437億円、官庁営繕や行政経費を含む総額に5451億円が配分された。
 補正予算の内訳は、生活者・事業者への支援に1兆2054億円、地方の活性化に5813億円、災害復旧・復興などに1兆7422億円。災害復旧・...続きを読む

大成ロテック/路面再生向けに新型施工機/1台で加熱・かきほぐし・敷きならし [2015年2月4日3面]

 大成ロテックは、既設舗装路面を再生する「ヒートリフレッシュ工法」向けの新型施工機械を開発した。新規アスファルト混合物をダンプから受け取りながら、既設路面を加熱してかきほぐし、新規合材を敷きならす一連の作業を1台で行う。「加熱」「かきほぐし」「敷きならし」を一体的に行うことで、新規合材と既設路面との接着強度が高い新たな路面をつくり出す。同社は今後、路面の耐久性などを検証し、補修工法用の施工機械とし...続きを読む

国交省/共通仮設費の適正化を、被災3県に要請/住宅工事のクレーン費用増加で [2015年2月4日2面]

 国土交通省は、災害公営住宅の工事で共通仮設費の適正化を要請する文書を2日付で東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)の担当部局に出した。被災地の災害公営住宅を対象にした実態調査の結果、揚重機械器具(クレーン)に要する費用が増加していることが判明。これを踏まえ、共通仮設費率を使って積算する場合は1・3倍に、費用を積み上げて計上する場合には、規模、台数、期間などの施工条件を明示することで対応するよ...続きを読む

厚労省/介護施設整備に助成/消費税で安定財源、15年度は634億円確保 [2015年2月4日1面]

 厚生労働省は15年度、不足する介護施設の整備を進めるため、都道府県が新たに作る基金に634億円を拠出する。消費税の5%から8%への引き上げで発生した増収分を充て、基金を通じて地域密着型の特別養護老人ホームなどの整備に助成する。16年度以降も継続して消費税財源を施設整備の基金に投じ、住み慣れた地域で長く生活できる介護サービス拠点の確保と、50万人以上に上る特養ホームの入所待機者の受け皿整備を急ぐ。...続きを読む

政府/科学技術イノベーション実施計画案/五輪会場移動にBRT導入 [2015年2月4日2面]

 政府は、2020年東京五輪を観戦する来訪者の快適な移動などに貢献する科学技術イノベーションを実現するための実施計画案をまとめた。東京都心と、競技会場が集積する臨海副都心を結ぶ公共交通として、鉄道より乗り降りしやすく小回りも利くバス高速輸送システム(BRT)を導入し、17~18年度に専用レーンを整備する。大会中の電源には特に環境負荷が小さい水素に着目し、製造プラントなどの建設を促進する。
 実施...続きを読む

JFEシビル、早大/RC橋梁向け耐震補強工法開発/工期半分、コスト2割減 [2015年2月4日3面]

 JFEシビルは、秋山充良早大教授と共同でRC橋梁向けの耐震補強工法「橋脚ダンパー工法」を開発した。制震装置の役割を果たす二重鋼管ダンパーを橋脚のフーチングと脚柱の間に設置。これで地震による水平方向の荷重を吸収し、橋梁の耐震性能を高める。橋梁そのものの耐荷重性能を向上させるのに加え、基礎への荷重増を抑制できるのが特徴。従来の鋼板巻き立て工法などと比べ、工期を半分に短縮でき、コストも2割程度削減でき...続きを読む

京都市、JR西日本/嵯峨野線新駅設置で基本合意/15年度に設計着手 [2015年2月4日10面]

 京都市とJR西日本は2日、同市下京区内で計画している「JR嵯峨野線京都・丹波口間新駅設置事業」に関する基本合意書を締結した。京都駅西部エリア活性化の起爆剤として経済団体や地元住民らが要望していたもので、新駅は七条通の直上にホームを設ける高架下駅舎を計画、1日約7000人の乗降客数を見込んでいるほか、概算事業費は49億円と算定している。今後は15年度に設計着手、16年度中の着工と19年春の開業を目...続きを読む

回転窓/一冊の本をめぐる逡巡 [2015年2月4日1面]

 仕事帰りによく立ち寄る書店でこのところ、ある本を買おうか買うまいか逡巡(しゅんじゅん)している。大量に平積みされたのを一冊手に取って中をぱらぱら。レジに行き掛けてはまた戻り…▼その本とは、昨年来話題のベストセラー、トマ・ピケティ著『21世紀の資本』(みすず書房刊)。既に13万部が売れ、先週にはフランスから著者が来日。講演などをしてニュースになった▼ベストセラーに安易に手を出す軽薄も嫌だが、書店で...続きを読む
インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む