BIMのその先を目指して


2020年12月17日

BIMのその先を目指して・162/樋口一希/MC建機とBIMデータの連携

 福井コンピュータアーキテクトは、開発・販売しているBIM施工支援システム「GLOOBE Construction」を用いて、鴻池組が大阪市住之江区に建設中の新研究施設「KONOIKEテクノセンター(…

2020年12月10日

BIMのその先を目指して・161/樋口一希/ウエアラブル計測デバイスを国内販売

 構造計画研究所は、ドイツのスタートアップ企業NavVis GmbH(ミュンヘン、CEO・Felix Reinshagen氏)が開発した次世代ウエアラブル型計測デバイス「NavVis VLX(ナビビズ…

2020年12月3日

BIMのその先を目指して・160/樋口一希/ドローン活用し工事進捗管理を支援

 楽天AirMapは、ドローン(小型無人機)を活用した土木・建築現場における工事進捗(しんちょく)の管理を支援する新サービス「JobSight」(ジョブサイト)の提供を開始した。楽天AirMapは、楽…

2020年11月26日

BIMのその先を目指して・159/樋口一希/東急建設が目指す「みんなでVR」

 東急建設は、東京メトロ銀座線渋谷駅線路切替工事での施工管理業務にVR(仮想現実)の技術を活用、これから建設する構造物をVR空間で関係者が共有し、施工上の情報共有・合意形成を迅速に行うことで、業務効率…

2020年11月12日

BIMのその先を目指して・158/樋口一希/大林組が次世代型生産設計図を実用化

 大林組はBIMモデルの保有する情報を生産設計図(施工用図面)として直接視覚化させた「次世代型生産設計図」を実用化した。大林組ではBIMモデルを業務基盤として一貫利用することを会社方針としており、建築…

2020年11月5日

BIMのその先を目指して・157/樋口一希/京都の伝統工芸品をグローバルに発信

 BIMobject Japanは、BIMを使って我が国の優れたモノ・コトを世界に届ける新たな取り組みとして京都府が誇る伝統工芸品をBIMコンテンツプラットフォーム「BIMobject Cloud」上…

2020年10月29日

BIMのその先を目指して・156/樋口一希/清水建設が建物OSの開発完了へ

 清水建設は、建物運用のデジタルトランスフォーメーション(DX=Digital Transformation)を支援する建物オペレーティングシステム「DX-Core」の開発を年内にも完了し、顧客への実…

2020年10月22日

BIMのその先を目指して・155/樋口一希/機能強化されたBIM建築設計システム

 福井コンピュータアーキテクトは、BIM建築設計システム「GLOOBE」の設計支援機能を強化し、施工支援プログラムとCGプログラムをラインアップに加えた「GLOOBE 2021」を11月18日に発売す…

2020年10月15日

BIMのその先を目指して・154/樋口一希/みちびきとMR技術の連携へ実証実験

 インフォマティクスは、内閣府と準天頂衛星システムサービスが主催する「2020年度 みちびきを利用した実証事業公募」でMR(Mixed Reality)技術を活用した提案が採択され、年内に実証実験する…

2020年10月8日

BIMのその先を目指して・153/樋口一希/スターツCAMの統合FMシステム

 スターツCAMは、統合ファシリティマネジメントシステム「FM-Integration(エフエム・インテグレーション)」を活用したクラウドサービスの提供を開始した。今後、「FM-Integration…

1 2 3 10