風をつかむ


2021年8月6日

風をつかむ-市場展望・7/不退転の覚悟で地域と事業推進

 構成機器や部品数が数万点に上る洋上風力発電設備。風車を製造する日本メーカーはいないが、潜在的なサプライヤーとされる企業は数多い。国内調達比率を2040年までに60%とする目標達成に向け、設備投資など…

2021年8月5日

風をつかむ/市場展望・6/SEP船確保が競争力の鍵に

 建設各社が技術力を競う舞台として注目している洋上風力発電事業。施工者としての競争力を高めるため各社は技術力を磨いたり、SEP(自己昇降式作業台)船を確保したりなど準備を急ぐ。  資材を効率的に運搬で…

2021年8月3日

風をつかむ-市場展望・5/国内外で協業・提携広げる

 危険を伴う海洋工事でまず安全性を確保しながら、より経済的な基礎構造などを考える--。洋上風力発電事業のEPCI(設計・調達・施工・据え付け)などで事業参画を狙う建設会社の幹部は、未経験の工事をいかに…

2021年7月30日

風をつかむ-市場展望・4/低コスト化など官民で競争力強化

 洋上風力は政府が目指す再生可能エネルギー大量導入の「切り札」と期待する一方、「コスト改善の余地がある」(梶山弘志経済産業相)など課題が残る。実証事業に長年取り組んできた新エネルギー・産業技術総合開発…

2021年7月28日

風をつかむ-市場展望・3/ビジネス成り立たせ持続可能な産業へ

 発電事業者は公募・入札で選定される。入札制度の導入は競争を促し、適正な市場環境を形成するのが狙い。JERAの矢島聡執行役員は「競争することで知恵を絞るし、リスクも取る」と強調。電気事業者の立場から「…

2021年7月27日

風をつかむ-市場展望・2/未知なる市場でリスク分散

 洋上風力発電事業の大型案件の投資額は数千億円規模に達する。先行する欧州市場ではリスク分散の観点から、保険会社だけでなく再保険会社が加わるのが一般的だ。建設工事では作業時に多くのリスクが伴い、専用の保…

2021年7月26日

風をつかむ-市場展望・1/大型化対応、最適解で協調を/国内メーカーの頑張り期待

 洋上風力発電事業で先行する欧州では、コスト競争力の観点から風車の大型化の流れが一段と強まっている。関連産業やインフラなど事業基盤が脆弱(ぜいじゃく)な日本市場では、一足飛びの大型化を懸念する声も少な…

2021年7月15日

風をつかむ-識者の視点・11/東京大学大学院工学系研究科・石原孟教授

 ◇大量生産・低コスト化技術確立を  日本の産業界は単品の技術で勝っても、大量生産の技術になると海外勢に負けてしまう事例が目立つ。洋上風力の研究に長年携わってきた東京大学大学院工学系研究科の石原孟教授…

2021年7月14日

風をつかむ-識者の視点・10/オーステッド・ジャパン・笠松純社長

 ◇日本版ビジネスモデルを構築  デンマークに拠点を置くオーステッドは世界最大手の洋上風力発電事業会社。潜在需要が期待できる日本市場への参入を目指し、2019年5月に「オーステッド・ジャパン」を設立し…

2021年7月13日

風をつかむ-識者の視点・9/秋田県・佐竹敬久知事/地域と長期の共生不可欠

 商社や電力会社など多くの企業が洋上風力発電事業の実現を目指している秋田県沖。背景には太平洋側に比べ台風災害のリスクが低く、年間を通じて安定した風が吹く恵まれた自然条件がある。秋田県の佐竹敬久知事は洋…

1 2