開催趣旨

新型コロナウイルス感染拡大の影響により
オンライン開催となりました。

昨年の創刊90周年事業として掲げた「国のかたちを考える」をテーマに、各種事業に取り組む日刊建設工業新聞社では紙齢20,000号を迎える2020年度、新たに「建設技術展2020関東」を開催いたします。これは、国土交通省関東地方整備局の「建設技術フォーラム」とコラボレートし、加えて弊社が10年来開催してきた「建設技術展 近畿」が培ってきた成果を生かして、建設産業の一層の発展に寄与することを目指すものです。

☆建設産業各社が開発した新技術・新工法の展示・紹介
☆産・学・官の交流
☆培われてきた建設技術のより一層の高度化やより広範囲な技術開発の促進
☆新技術の各工事への積極的な活用
☆担い手育成、確保

を目的に、次の通りの目標を掲げています。

1)民間分野において、建設事業に関連した技術開発への取り組みを紹介する
2)新しく開発された技術の育成と普及
3)技術開発に向けた建設技術者の意識の高揚
4)発注者のニーズを広報し、新技術の開発・普及につなげる

こうした技術展の開催を通じて、ハード・ソフト両面での社会基盤整備に関連した技術の役割や意義を発信していくこと、発注者や建設産業のみならず幅広い層にPRしていくことは、建設専門紙として意義ある事業と考えております。

令和2年(2020年)5月
日刊建設工業新聞社