2020年10月08日 3面

文字サイズ   印刷 印刷

中設エンジ/フードファクトリーに出展/施工実績や技術をPR

パネル展示で全国の施工実績を紹介

パネル展示で全国の施工実績を紹介

 食品工場などの設計・施工を手掛ける中設エンジ(名古屋市西区、松本吉晴社長)は、東京都江東区の東京ビッグサイト青海展示場で開催中の「フードファクトリー2020」(主催・食品産業センター、日本食品衛生協会)にブースを出展している=写真。パネルや映像で食品工場を構築する技術やノウハウをアピールしている。会期は9日まで。

 パネル展示で全国の施工実績を紹介。植物工場の建設を検討する事業者向けにパネルを用意し事業化の流れやメリットなどを説明している。これまで納入した生産設備や機器を来場者にPRしている。

 同社の子会社で食品工場や生産設備の予防保全を手掛けるシーイーテック(東京都中央区、中野宏隆社長)も共同出展している。食品工場などの生産設備を安定稼働するサービスや食品メーカーの工務出身者による技術指導提案などを紹介。食品工場のアフターケアも提案している。
記事ID:3202010080309
Copyright(C) 日刊建設工業新聞 記事の無断転用を禁じます