2020年11月05日 3面

文字サイズ   印刷 印刷

JDN/コンテスト白書を作成/2000件以上を分析

 丹青社のグループ会社、JDN(東京都台東区、宮内愼悟社長)は、国内で開催された文芸や論文などのコンテストを調査した統計資料「コンテスト白書2020」をまとめた。2000件以上のコンテストを対象に応募者の年齢層やカテゴリーなどを分類。コンテストの実情や流行を分析している。分析結果を自社のホームページ(HP)に公開し、顧客が市場開拓する上での参考資料として利用してもらう。

 白書はJDNが運営するコンテスト情報サイト「登竜門」で、19年に掲載された読者調査をベースに作成した。開催した2219件のコンテストを対象に▽カテゴリー(文芸、コピー、論文など)▽応募者の分布(年代・性別、居住エリアなど)▽応募経験の有無-を調査。その結果、応募締め切りは9月に集中していた。応募者に贈られる副賞の賞金額は10万円が最多だった。

 同社は白書を公開し、主催者や応募者に役立ててもらう。同社の顧客にも利用を呼び掛け、ビジネス機会の創出につなげる考え。白書のURLはhttps://www.jdn-inc.co.jp/documents/contestWP_2020.pdf。
記事ID:3202011050306
Copyright(C) 日刊建設工業新聞 記事の無断転用を禁じます