企業・経営

ヒューリック/18年までに8000億円投資/東京・有楽町や渋谷で開発推進 [2015年4月15日4面]

 ヒューリックは、15~18年の4年間で総額7000億~8000億円の設備投資を行う。20年東京五輪の開催などで都内の景況感が上向き、オフィス賃貸の事業環境も改善傾向にあることを踏まえ、都内の保有物件の建て替え事業や再開発事業への開発投資に加え、優良な新規物件の取得などにも積極的に取り組む。都内で計画している主なプロジェクトとして、有楽町の「ニユートーキヨービルヂング」跡地、渋谷の「パルコ・パート...続きを読む

東京メトロ/東西線ソーラー発電所が完成/地上8駅合計で1MW規模 [2015年4月15日4面]

 東京メトロが東西線の地上区間にある8駅(西葛西~西船橋)に太陽光発電システムを導入し、合計約1MW規模の発電を行うプロジェクト「東西線ソーラー発電所」が完成した。最後の西船橋駅へのシステム設置が完了し、先月28日から稼働。全8駅での年間発電電力量は約109万kw時を見込む。
 発電した電力は駅のエスカレーターやエレベーター、照明など付帯設備の電力として使用。発電量が多い時には隣接駅にも供給する...続きを読む

野村不/東京都心部で再開発拡大/マンション供給、年間1000戸めざす [2015年4月15日4面]

 野村不動産は、東京都心部を中心に大規模な市街地再開発事業を積極展開する。得意とする住宅主体の再開発事業では、計画段階も含めて32件の事業を推進中。13日に都内で行われた再開発事業で建設したマンションの内覧会で、渡辺弘道開発企画本部プロジェクト推進部長は「再開発案件で年間1000戸の住宅供給を継続的に目指す」と表明した。これまで実績の少ないオフィス主体の再開発事業や複合再開発事業にも積極的に参画し...続きを読む

佐藤工業/自動車リサイクル事業進出/宮城県に解体・破砕工場建設 [2015年4月14日3面]

 佐藤工業は13日、事業の多角化の一環として、使用済み自動車のリサイクル事業に進出すると発表した。東日本大震災のがれき処理で培ったノウハウを生かし、東北6県を主な営業エリアとして使用済み自動車のリユース・リサイクル市場に参入する。東北で自動車リサイクル事業を展開する企業などと共同出資会社を設立し、宮城県内で解体・破砕処理工場の建設に着手した。10月の工場竣工後、年内にも事業を開始する予定だ。開業5...続きを読む

西松建設/タイ現法が500万時間無災害達成/日本式安全管理徹底 [2015年4月13日3面]

 西松建設のタイ現地法人、泰国西松建設(市正寿社長)は、施工中の日系企業の新工場建設現場で、500万時間連続の無災害を達成した。ITを活用した日本式の安全管理システムを導入し、現地スタッフ自らが運用する体制を構築。全員参加による安全への取り組みが成果に結び付いたという。1現場単独で連続500万時間無災害は、西松建設グループが統計を取り始めて以来、国内外で初めて。建設地は、タイ東部に位置するプラチン...続きを読む

大日本コンサル/技術者獲得へ専門担当配置/女性管理職採用を検討 [2015年4月13日3面]

 大日本コンサルタントは、技術者の確保に向けた取り組みを一段と強化する。東京と大阪に人材獲得のための技術系責任者(統括部長)を配置し、理系大学への訪問活動などを強化。本年度は女子学生に限定した女性技術者との交流会を開催するとともに、女性技術者(管理職クラス)の中途採用も検討する。育児のための時短勤務を認める要件緩和など、より働きやすい環境を整え、人材の獲得競争を有利に運ぶ考えだ。
 採用活動では...続きを読む

前田建設/五輪後見据え技研の体制強化/2研究室新設、スタッフ増員 [2015年4月13日1面]

 前田建設は、2020年東京五輪後の事業環境も視野に技術開発を推進するため、技術研究所の体制を強化する。1日付で「社会基盤マネジメント研究室」「生産性革新技術研究室」を新設し、スタッフも30人から50人に増やした。本年度から技研のトップを務める三島徹也所長は「将来の経営ビジョン実現のための革新的技術開発に力を注ぐ」との方針を示し、土木・建築現業部門のニーズに応える基盤技術力の向上と総合的技術開発力...続きを読む

LIXILグループ/プロテニス・錦織圭選手とグローバル・パートナーシップ契約 [2015年4月13日3面]

 LIXILグループの藤森義明社長は10日、東京都千代田区のパレスホテル東京で記者会見を開き、プロテニスプレーヤーの錦織圭選手とグローバル・パートナーシップ契約を結んだと発表した。契約期間は18年3月までの3年間。契約期間中、錦織選手は「LIXIL」のロゴが左肩に入ったウエアを着用して国内外の試合に出場する。同社は、錦織選手を起用したLIXIL商品のプロモーション活動が可能になる。契約金額は非公表...続きを読む

三井住友建設/カンボジアに「つばさ橋」完成/日本との友好のシンボルに [2015年4月10日1面]

 三井住友建設は9日、カンボジア・カンダル州で10年12月から建設を進めていた「ネアックルン橋」が完成したと発表した。日本政府の無償資金援助案件で、フェリーで渡河していたメコン川を道路橋で直接渡れるようにした。6日に現地で開通式が行われ、カンボジアのフン・セン首相や西村明宏国土交通副大臣らが出席し、完成を盛大に祝った。橋は正式名称として1月に「つばさ橋」と名付けられている。
 橋の建設地は首都プ...続きを読む

三井物産/インドネシアで倉庫・工場開発/17年末までに延べ15万平米建設 [2015年4月9日1面]

 三井物産が、インドネシアで賃貸倉庫や工場の開発事業に参入する。現地企業などとの合弁で、首都ジャカルタの東約70キロのカラワン県にあるスルヤチプタ工業団地内に22ヘクタールの用地を取得。17年末までに総延べ床面積15万平方メートルに上る倉庫と工場を建設する。国際標準の高品質施設を売り物に、同社が国内外に持つネットワークを生かしてテナントを誘致する。総事業費は94億円。この事業を足掛かりに、同国内で...続きを読む

JR東日本/風力発電事業参入/設計・施工から管理まで一貫体制構築 [2015年4月8日4面]

 ◇20年までに100MW規模の施設整備へ
 JR東日本は、再生可能エネルギー事業拡大の一環で、風力発電事業に参入する。月内に風力発電の企画から設計・施工、維持・管理まで一貫して行う事業会社を設立。初弾案件として、約10億円を投じて秋田市内の社有地に発電規模2メガワット級の風力発電設備1基を建設する計画だ。今秋に着工し、16年秋の運転開始を目指す。20年までに秋田県をはじめ、北東北エリアを中心に...続きを読む

コンサル各社/新卒採用新ルールに苦慮/繁忙期の会社説明会解禁に困惑の声 [2015年4月7日1面]

 2016年春入社の新卒者採用活動で経団連が新ルールとして打ち出した解禁時期の繰り下げが、建設コンサルタント業界を悩ませている。会社説明会の解禁が従来より3カ月遅い3月となり、コンサル業務の納期が集中する各社の繁忙期と重なったためだ。技術系社員が学生と接触する時間が取りにくいと困惑する声が出ている。解禁後ろ倒しで短期決戦になるため、「有名企業に学生が集中し、目標採用人数を確保できなくなるのでは」と...続きを読む

建設技術研究所/ダイバーシティー推進担当を設置/働きやすい職場づくりめざす [2015年4月7日3面]

 建設技術研究所は、女性総合職のキャリア形成やダイバーシティー(人材の多様化)の推進に向けた取り組みを強化する。4月1日付でダイバーシティー担当の役員を任命し、管理本部人材開発室に次長級のダイバーシティー推進担当を配置。新たな社内制度や仕組みづくりなどを検討する社内組織「ダイバーシティー推進委員会」を設置した。同社は昨年4月、女性総合職ででつくるキャリア形成ネットワーク「W-Net」を発足。女性総...続きを読む

西松建設/協力会技能者の手当増額/上級職長4倍、マイスター2・4倍に [2015年4月6日1面]

 西松建設は3日、協力会社組織の西松建設協力会(Nネット、吉田雅行会長)との関係強化策の一環として、優秀な職長・技能者の手当を15年度から増額すると発表した。同社の施工現場で作業に長く従事する「上級職長」は現行の4倍、上級職長の中でも最上位に位置する「西松マイスター」は2・4倍に引き上げる。Nネット加盟会社との連携関係をより強固にし、人材の確保・育成につなげる。
 同社はNネット加盟会社の職長や...続きを読む

西日本鉄道、阪急不/ベトナムで分譲マンション開発/海外に初進出 [2015年4月6日4面]

 西日本鉄道と阪急不動産は、ベトナムのホーチミン市で分譲マンションを開発する。両社とも海外で分譲マンションを建設するのは初めて。現地デベロッパーのナムロン投資との共同開発事業として進める。分譲マンションの名称は「フローラ・アンダオ」。建設地は、ホーチミン市の中心市街地から約10キロのホーチミン市9区の一画(敷地面積1万1236平方メートル)。建物の規模は15階建て延べ3万7854平方メートルで、5...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む
国際標準型アセットマネジメントの方法
インフラ資産のアセットマネジメント全体の...続きを読む
DVD 新版 つくる!安全現場の1年
「サイバーセキュリティ月間」の新コンテン...続きを読む
タイムライン―日本の防災対策が変わる
風水害などの防災対策として全国の地方自治...続きを読む