企業・経営


2022年8月8日[1面]

日建設計/TCFD開示へ準備/設計事務所で国内初、CN貢献見据え取り組み強化

 日建設計は、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)の提言を踏まえた気候変動リスクの開示準備を始めた。クライアントの間でリスク開示の動きが広がる中、自らも開示することでSDGs(持続可能な開発目標)やカーボンニュートラル(CN)への対応強化につなげる。開示されれば、建築設計事務所で国内初になるという。同社はスコープ3(事業活動に関連する他社の排出)の試算の公表も始めている。定量的なデータを…

2022年8月8日[2面]

APEA、パナソニック/アルミ冷媒配管空調機を業界初保証/銅と同様の保証

 アルミ配管設備工業会(APEA、込山治良代表理事)とパナソニックは5日、アルミニウム製の冷媒配管で施工したビル用マルチエアコンなど業務用電気空調機器のメーカー機器保証を9月受注分から始めると発表した。アルミ冷媒配管使用の機器をメーカーが保証するのは業界初。銅製冷媒配管で施工した機器同様、購入後1年間を無償で保証する。  両者は銅の価格高騰や調達難といった状況を踏まえ、業務用空調機器の材料としてア…

2022年8月5日[3面]

鹿島/『社史2001年~2020年』刊行、180年の企業活動を通史に

 鹿島は『鹿島建設社史2001年~2020年』を刊行した=写真(報道発表資料から)。インフラ整備や都市再生への取り組み、東日本大震災などの自然災害を受けた国土強靱化の推進など、代表的な工事プロジェクトを写真とともに紹介。ESG(環境・社会・企業統治)やSDGs(持続可能な開発目標)の観点から同社の歩みを振り返り、未来を見据える一冊となっている。  本書は、企業活動を客観的に忠実に記録する「正史」と…

2022年8月2日[1面]

大成建設、山梨県/建設部材工場脱炭素化で基本合意、再エネ水素製造システム導入

 大成建設と山梨県は、再生可能エネルギー電力で水素を製造するP2G(パワー・ツー・ガス)システムを大成建設グループ会社の建設部材製造工場に導入して脱炭素化を図り、周辺地域を含め有効活用する「脱炭素グラ…

2022年7月28日[1面]

セメント価格/追加引き上げ相次ぐ、需要減や石炭高騰に円安が追い打ち

 セメントメーカー各社によるセメント価格の追加引き上げが相次いでいる。27日にトクヤマが10月出荷分からの値上げを発表。住友大阪セメントも追加値上げする方針を固めた。UBE三菱セメントは10月出荷分か…

2022年7月28日[3面]

ジオマリンサービス/洋上風力の開発支援本格化、2社と連携で調査・設計・認証取得

 東光電気工事や若築建設らが出資するジオマリンサービス(GMS、東京都港区、吉住謙代表取締役)が、洋上風力発電事業の開発支援を本格化させる。日建設計と、洋上風力を設計するアイルランド企業の2社とそれぞ…

2022年7月27日[3面]

大建工業/農業・園芸事業を展開、菜園システム中心に3年で売り上げ10億円へ

 大建工業は新たに農業・園芸事業を展開する。2021年に開発した木質培地「グロウアース」を使った菜園システム「プチまち菜園」の提供を来年度にも開始する。グロウアースの提供やプランターの管理をパッケージ…

2022年7月27日[3面]

燈/建設DXで生産性向上に貢献、請求書処理サービスを提供開始

 東京大学発のスタートアップ企業である燈(東京都文京区、野呂侑希社長兼最高経営責任者〈CEO〉)が、建設業向けDXサービスを積極的に展開している。BIMデータの自動作成や、設計図書データを自動認識して…

2022年7月27日[17面]

エイト日技/岡山本店にDXルーム設置、現場作業や災害時に司令

 エイト日本技術開発は、岡山本店第2ビル内に現場作業や災害時にBCP(事業継続計画)対策の司令室となるDXルームを設置した。現場における作業者やドローンからの鮮明な画像が確認でき、発注者や指令者が全員…

2022年7月21日[3面]

加和太建設/建設DXコミュニティー立ち上げ、スタートアップとマッチング

 加和太建設(静岡県三島市、河田亮一社長)は20日、地方建設会社とスタートアップ企業をつなぐ建設DXコミュニティー「ON-SITE X」を立ち上げた。生産性向上の余地がある潜在的な課題を抱える建設会社…

1 2 3 46