工事・計画

本厚木駅南口地区再開発(神奈川県厚木市)/6月下旬にも事業協力者選定/準備組合 [2015年6月4日5面]

 神奈川県厚木市は、小田急線本厚木駅南口駅前で「本厚木駅南口地区市街地再開発準備組合」(柳田光太郎理事長)が進めている再開発事業の都市計画決定を5月29日付で告示した。22階建て延べ2・3万平方メートル規模の複合施設と駅前広場などを整備する計画。これを受けて準備組合は基本設計の作成に着手。本年度中にも本組合を設立する予定。16年度に着工、18年度の竣工を目指す。
 コンサルタントはアール・アイ・...続きを読む

福島県/県警本部庁舎建設(福島市)/建築・設備5分割で近く入札公告 [2015年6月3日6面]

 福島県は、県警察本部庁舎建設工事の一般競争入札を、建築や電気設備など5件に分割して近く公告する。建築と電気はWTO対象案件で、概算工事規模はそれぞれ80億円前後、25億円前後。ほかに弱電、空調、給排水設備を発注する予定。工期は5件とも29カ月間を想定している。今月中旬に一般競争入札を公告し、7月中に開札を行う。今夏に着工し、18年度の供用開始を目指す。県は1日、山下設計に委託し作成した新庁舎の実...続きを読む

都市機構/立川基地跡地昭島地区5区画売却へ/16年度から手続き開始 [2015年6月2日4面]

 都市再生機構は、立川基地跡地昭島地区にある更地5区画(東京都昭島市、計12・4ヘクタール)の売却手続きを16年度から開始する。現在、跡地内では都市機構の施行で土地区画整理事業が進められ、同年度中に宅地整備などの関連工事が完了、引き続き換地処分に入る予定。今後、5区画の地権者である財務省関東財務局と土地の売却方針などについて協議し、都市機構と財務局がそれぞれ売却手続きを担当する区画を決める。東京都...続きを読む

浜松市/公共下水道終末処理場運営にコンセッション方式採用/実施方針素案公表 [2015年6月2日10面]

 浜松市は1日、公共下水道終末処理場(西遠処理区)運営事業の実施方針素案を公表した。静岡県から移管される西遠流域下水道の浄化センターなどの施設運営等事業をPFI法に基づき民間事業者に委託するが、初のコンセッション方式を採用するため素案に対する意見を8日から7月8日まで募集する。意見を参考に実施方針を作成し12月に公表する。16年2~3月に募集要項を公表し、17年2月に優先交渉権者を選定する予定。西...続きを読む

内閣府/東京圏国家戦略特区事業予定者公募/6月4日まで提案受付 [2015年6月2日4面]

 内閣府は、国際ビジネス拠点や産業の国際競争力強化を目指す「国家戦略特別区域」で、東京圏の特区内で都市再生・街づくりなどを行う事業予定者を募集する。所定の特定事業を20年までに実施・着工する予定の事業者が対象。提案資料は4日まで地方創生推進室内区域会議構成員募集担当(電話03・5510・2462)で受け付ける。選定された事業予定者は、国の「東京圏国家戦略特区区域会議」の構成員に加わり、事業の具体化...続きを読む

JR東日本/JR仙石線が全線運行再開/施工努力で4カ月前倒し [2015年6月2日9面]

 東日本大震災での被災を受け、JR東日本が復旧工事や一部区間の移設を進めてきたJR仙石線で5月30日、全線運行が再開され、宮城県東松島市などで記念式典が開かれた。新たに整備した短絡線で仙石線と東北本線を接続させ、仙台~石巻間の時間短縮を図る仙石東北ラインも開業。震災復興とともに地域の産業・経済の発展に大きな力になると期待されている。工期の短縮で、当初の想定より約4カ月前倒しての再開となった。沿線各...続きを読む

名古屋市/名鉄名駅再開発調整会議が初会合/16年度の全体計画策定めざす [2015年6月1日10面]

 リニア中央新幹線の27年開業をにらみ名古屋市が設置した「名鉄名駅再開発調整会議」の初会合が5月28日、名古屋市中村区の名古屋ダイヤビルで開かれた=写真。市が昨年9月に策定した「名古屋駅周辺まちづくり構想」の実現を図る主要プロジェクト会議の一つで、3月に基本計画が公表された同再開発の推進に向け、関係者が協議・調整していく。主要プロジェクトごとの調整会議はすでに「リニア・高速道路アクセス向上調整会議...続きを読む

東急不/本社ビル周辺街区一体建替(東京都渋谷区)に7月着工/清水建設で既存解体 [2015年6月1日4面]

 東急不動産は、東京都渋谷区の本社ビル(新南平台東急ビル)を周辺の建物を含めて街区一体で建て替える「(仮称)南平台プロジェクト」に7月に着手する。既存建物4棟の解体工事の施工者を清水建設に決めた。解体工事を進めながら、引き続き本体工事に入り、延べ約4万6000平方メートル規模のオフィスビルを建設する計画だ。新たなオフィスビルの設計は清水建設などが担当しているとみられる。施工者は決まっていない。18...続きを読む

大阪府摂津市、都市機構ら/吹田操車場跡7・8街区土地譲渡/近鉄不JVに [2015年6月1日12面]

 大阪府摂津市と都市再生機構西日本支社、JR貨物が共同で募集していた吹田操車場跡地地区7・8街区(2区画計約2・5ヘクタール)の土地譲受事業者が近鉄不動産・大和ハウス工業・名鉄不動産JVに決まった。5月29日に入札が行われ、都市機構とJR貨物所有地(土地A)を29億1658万円、摂津市所有地(土地B)を68億7101万円でそれぞれ落札した。中高層集合分譲住宅などを建設する予定だ。吹田操車場跡地地区...続きを読む

大阪市/弘済院付属病院建替/15年度に基本設計発注 [2015年5月29日10面]

 大阪市は、老朽化に伴い建て替える市立弘済院付属病院(大阪府吹田市古江台6丁目)について、15年度に基本設計に着手する方針だ。弘済院が14年度にまとめた施設計画や機能などを盛り込んだ基本計画をもとに、都市整備局が建築設計業務を発注する。今のところ、17年度の着工、19年度の開院を予定している。建て替え整備基本計画策定業務をシステム環境研究所が担当した。弘済院は万博記念公園に隣接し、千里ニュータウン...続きを読む

東京・目黒区/自由が丘東地区で共同建替検討支援/基礎調査業務を発注 [2015年5月29日4面]

 東京・目黒区は、東急線の自由が丘駅の東側に面した「自由が丘東地区」(自由が丘1の10~13、区域面積約0・7ヘクタール)を対象に、市街地再開発事業など建物の共同建て替えに向けた検討に本腰を入れる。地区住民による街づくり活動への支援を継続するとともに、本年度から地区内の建物の現況調査などの基礎調査に乗りだす。28日に「自由が丘東地区街づくり活動支援および同地区基礎調査業務」を委託するコンサルタント...続きを読む

大崎西口駅前地区再開発/6月に事業協力者選定、17年度都計決定へ/準備組合 [2015年5月28日4面]

 東京のJR大崎駅の北西側で再開発事業を計画している「大崎西口駅前地区市街地再開発準備組合」(八木秀一理事長)は、6月に再開発ビルの保留床の処分などを支援する事業協力者を決める。事業協力者に立候補した企業と契約事項について協議中で、同月中に開催する総会で正式決定する方針。17年度の都市計画決定を経て、18年度に本組合を設立。20年度の着工、21年度の完成を目指す。再開発の計画地は品川区大崎3の6ほ...続きを読む

静岡県島田市/新市民病院建設/病床数445床に縮小、15年度に基本設計着手 [2015年5月28日9面]

 静岡県島田市は、現在地建て替えに向け作業を進めている新市民病院基本計画の中間報告をまとめた。病床は約500床から445床程度に縮小し、精神病床は設置しない。整備手法は従来方式、設計・施工一括発注(DB)方式、施工予定者技術協議(ECI)方式を中心に検討し、最適な手法を選定する。今後は概算事業費や整備スケジュールなどを検討し、今秋をめどに基本計画を策定する。順調に進めば本年度に基本設計に着手したい...続きを読む

東北大学/農学部移転・跡地開発が本格始動/16年2月にイオンへ土地引き渡し [2015年5月28日6面]

 仙台市中心部の東北大学農学部キャンパス(9・3ヘクタール)を青葉山地区に全面移転する事業が本格的に動きだした。農学部の施設が老朽化したことから、青葉山新キャンパスに新設する農学系総合研究棟に機能を移し、移転跡地をイオンモールが開発する。同大は26日、農学部の敷地全体を対象とする土壌調査業務の一般競争入札を公告した。18年1月までに調査を終え、2月にイオンモールに土地を引き渡す。3月には受け皿とな...続きを読む

駒澤大学/開校130周年記念棟建設/フジタで10月着工 [2015年5月27日4面]

 駒澤大学は、東京都世田谷区の駒沢キャンパス(駒沢1の23の1)で「駒沢大学開校130周年記念棟建設工事」に10月に着手する。記念棟は2棟(高層、低層棟)で構成し、総延べ床面積は2万4838平方メートル。設計をNTTファシリティーズ、施工をフジタが担当し、19年6月の竣工を目指す。
 記念棟の建設場所は、キャンパス中央部の体育館(6号館)の跡地など。体育館の解体後に1期工事に着手し、S一部SRC...続きを読む