論説・コラム

回転窓/柔軟性がコラボ成功の鍵 [2015年2月27日1面]

 三井住友建設が25日、4月1日付で技術本部を新設すると公表した。新本部の役割の一つに挙げたのが、異業種との「コラボ」による技術開発の推進だ▼コラボとは英語のコラボレーションの略で、協働、協力などの意味。ここ数年、業種の垣根を越えて新たな価値の創出を図る動きが産業界で活発になっている。それによってヒット商品を開発した企業も少なくない▼建設分野での成功例として、団地の住戸改装に異業種の力を借りている...続きを読む

被災3県沿岸部の鉄道復旧進む/3月にJR石巻線全線運行再開/復興の後押しに [2015年2月27日8面]

 東日本大震災で大きな被害を受けた太平洋沿岸部の鉄道路線で、復旧・再開の動きが進展している。宮城県内では、3月にJR石巻線が全線での運行を再開。5月には仙台と石巻を結ぶJR仙石線も全区間で運行再開となり、新たに設けた東北本線との連絡線を活用した「仙石東北ライン」の運行もスタートする。岩手県内では、運休が続いていたJR山田線で、3月から復旧工事が始まる。鉄道は地域住民の利便性を確保する上で重要な基盤...続きを読む

回転窓/テーマパークと共存共栄を [2015年2月26日1面]

 日本を代表するテーマパークと言えば東京ディズニーリゾート(TDR)が頭に浮かぶ▼ミッキーマウスなどの人気キャラクターによるショーやアトラクションは、老若男女を問わず来園者を夢中にさせる。リピーター率の高いTDRでは、来園者を飽きさせないための設備投資にも積極的▼運営するオリエンタルランドは昨秋、ディズニーランドの刷新・拡張など今後10年間に5000億円を投じて進める事業計画を公表した。先月からは...続きを読む

回転窓/水質浄化で汚名晴らせ [2015年2月25日1面]

 千葉県北西部に位置する印旛沼。先日、この沼が大きく脚光を浴びる出来事があった▼地元・印西市の板倉正直市長が23日、2020年東京五輪のボート・カヌー会場を印旛沼に誘致する方針を表明。都内の日本ボート協会と日本カヌー連盟を表敬訪問し、「競技場やキャンプ地を作る上で大変好立地だ」とアピールした▼現在、東京五輪のボート・カヌー競技は東京都江東区の湾岸部に新設する海の森水上競技場で実施される計画となって...続きを読む

回転窓/しょせんは虫のまね [2015年2月24日1面]

 ヒトのつくり出すものに真に独創的なものはほとんど存在しない。いずれも過去に存在したものの焼き直しであり、大なり小なり模倣である-。昆虫学者の丸山宗利さんが近著『昆虫はすごい』(光文社新書)にそう書いている▼昆虫は地球上に人類が誕生するはるか昔から繁栄してきた。だから、人間のやることなすことのほとんどは昆虫が先にやっているらしい。狩猟採集から農業、牧畜、建築、戦争も▼建設関連だとこんな例が挙げてあ...続きを読む

回転窓/一人旅と長男の成長 [2015年2月23日1面]

 「自由気ままな一人旅」というと聞こえが良いが、行き先が海外となると言葉や治安、文化の問題もあり、躊躇する方も少なくないのでは。だが、近ごろは一人旅専用の海外ツアーも。1人での参加に限定され、現地到着後は各自の目的に沿って異国を旅するという▼長男がそんな一人旅専用ツアーで先週末からスペインへ出掛けた。大学でスペイン語を専攻していたので、語学力の武者修行を兼ねた卒業旅行。サッカー観戦が趣味なので、マ...続きを読む

回転窓/より良いルールにするために [2015年2月20日1面]

 「趣旨は理解できるが不安もある」「人事のローテーションもあり、ノウハウが蓄積されにくい」「財政上の制約もある」…▼改正公共工事品質確保促進法(公共工事品確法)に基づく発注事務が4月から本格運用されるのを前に、地方自治体からそんな声が出ている。発注者の共通ルールとして作成された「運用指針」を浸透させるのは、思った以上に大変そうだ▼国土交通省が、自治体の職員を対象に運用指針を周知するための説明会を各...続きを読む

回転窓/インフラとコミュニティー [2015年2月19日1面]

 神戸市のとある公園では、決まった休日にリヤカーが登場し若者が寄ってくる。お目当ては掃除道具。ダンス練習などに集まる若者らが自主的に清掃を行うための道具だ▼舞台は、阪神大震災の復興記念公園として整備された「みなとのもり公園」。構想段階から運営に至るまで市民が参画し、「自分たちに何ができるか」を考えた。答えの一つが清掃だった▼東日本大震災で防災集団移転促進事業が実施された玉浦西地区(宮城県岩沼市)の...続きを読む

回転窓/未来の記念碑に [2015年2月18日1面]

 街を歩いている時に記念碑を見つけると、急いでいてもつい足を止めてしまう。その土地の歴史やゆかりの人などが分かり、ほんの少し非日常感を味わえるのがいい▼先日も東京・八重洲(中央区)で、ある碑に出会えた。江戸時代にオランダから来航したヤン・ヨーステンの記念碑がそれ。JR東京駅から300メートルほど離れた八重洲通りの中央分離帯に1989年、日蘭修好380周年を記念して設置された▼1600年、ヨーステン...続きを読む

回転窓/付加価値の意味 [2015年2月17日1面]

 世界を股に掛けて活躍する日本人がスポーツ界を中心に多くなっている。その代表格がテニスの錦織圭選手だろうか。今週も米テネシー州で開かれたトーナメントで優勝を飾った▼錦織選手を見て感心するのは、体格で勝る外国人選手を向こうに回し、一歩も引かないテニスをやり通せるところ。中学生のころから単身米国に渡り、プロになるためのトレーニングを積んだ。かつて日本人選手が拭いたくても拭えなかった「内弁慶」という言葉...続きを読む

回転窓/幸福感の定量化 [2015年2月16日1面]

 太宰治に「家庭の幸福」という短編がある。自死する前に書いたいわば遺書のような小説だ。敗戦後の日本が、米国流の民主主義をためらいもなく実践することと、男に捨てられた女が玉川上水に飛び込むことが描かれている▼自分の死に場所をあらかじめ小説に書くというのはいかにも太宰らしいが、この小説にはもう一つの主題がある。米国流の「家庭の幸福」こそが「幸福感」の源という考え方への嫌悪である▼太宰は、昨日まで敵だっ...続きを読む

回転窓/コンビニでちょっと一杯 [2015年2月13日1面]

 「角打ち」と書いて「かくうち」。関東では酒屋で酒を買って店内で飲むことをこう呼ぶ。かつて一合升の角に口を当てて酒を飲んだことに由来するらしい▼角打ちを認めている酒屋には簡素な机やカウンターがある。つまみは店で売っている乾き物や缶詰。給料前の懐具合の寂しいサラリーマンにはありがたい。狭い店内で見知らぬ者同士が親しく話せるところにも魅力がある▼サラリーマンの多い東京の新橋や神田の路地を歩くと、今も角...続きを読む

回転窓/断ることの難しさ [2015年2月12日1面]

 小学校で担任の先生に「先輩や友達からたばこを勧められたらどうやって断りますか?」と質問されたクラスの一人が答えた。「体に悪いので吸わない」。小学6年生に道徳を教える授業でのやり取りである▼たばこを吸い始めた理由の上位にあるのが「勧められたから」。その誘いを子どもが断るのは、大人が想像している以上に大変であろう。対処方法を考える授業の意義は大きい▼小中学校で道徳が正式教科になるという。文部科学省は...続きを読む

回転窓/梅の咲かない春 [2015年2月10日1面]

 立春を過ぎ、梅の花の季節を目前にして気になるニュースがきのうの本紙に載っていた▼東京の西の郊外、青梅市はその名の通り梅の名所として知られる。ここの梅林で果実を駄目にするウイルスの感染が広がり、公園にあった1200本もの梅の木がすべて伐採されたという。感染拡大を食い止めるには木を根こそぎにするしかないそうで、はげ山と化した公園の写真が痛々しかった▼伐採作業に当たったのが地元の造園会社と聞き、鳥イン...続きを読む

回転窓/みなみらんぼうさんと東日本大震災 [2015年2月9日1面]

 NHKの「みんなのうた」は、5分間の音楽番組として1961年にスタート。これまでに1300曲以上が放送された。「北風小僧の寒太郎」「ちいさい秋みつけた」「森の熊さん」…▼年代によって違えど、誰しも心に残っている歌があるのでは。この番組からヒットした歌も少なくない。「山口さんちのツトム君」もその1曲。作詞・作曲者のみなみらんぼうさんにインタビューをする機会を得た▼みなみさんの出身地は東日本大震災の...続きを読む
インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む