技術・商品


2022年3月29日[3面]

大林組ら/低層遮音壁更新工法を改良、車両・装置の大型化でさらに合理化

 大林組は、トヨタ自動車未来創生センターと共同開発した高速道路の低層遮音壁が短時間で更新できる「ハイウェイパネラック工法」を改良し、さらなる合理化を実現した。遮音壁の送り出しや取り付けなどを連続施工で…

2022年3月28日[3面]

西松建設ら/コンクリート打設管理アプリ、残コン・戻りコン抑制

 西松建設とソフトウエア開発のフォーラムエイト(東京都港区、伊藤裕二社長)は25日、コンクリート打設の現場管理を効率化するアプリを共同開発したと発表した。モバイル端末に表示した施工図で未打設の範囲を指…

2022年3月24日[3面]

大成建設ら/シールド機カッタービット交換、専用ロボで無人化

 大成建設と地中空間開発(大阪市北区、平山真治社長)は、シールドマシンのビットをマシン内側から交換する「THESEUS(テセウス)工法」を改良し、交換作業が無人化できる専用ロボットを開発した。可動式マ…

2022年3月23日[3面]

大林組ら/ファサードデザインAIで自動生成、迅速に設計提案

 大林組と米国シリコンバレーの非営利独立研究機関(SRI)は、建築物のスケッチや3Dモデルからファサードデザインが自動生成できる人工知能(AI)技術を共同開発した。設計者向けプラットフォーム(Hypa…

2022年3月22日[3面]

大成建設/シールド機に超音波地山探査装置。空洞の有無を連続測定

 大成建設はシールド機を掘進しながら地山の空洞状況を非接触で連続測定できる「超音波式地山探査装置」を開発した。シールド機の外殻から超音波を発し地山までの距離を常時測定。空洞を検知した場合、機内から充て…

2022年3月22日[11面]

九州整備局/立野ダム放流管据え付け、「横引き施工」で効率化

 九州地方整備局立野ダム工事事務所は、工事が最盛期を迎えている立野ダムの建設現場(熊本県南阿蘇村立野ほか)で常用洪水吐き放流管の設置作業の様子を報道関係者に17日に公開した。効率的に施工を進めるため、…

2022年3月18日[3面]

OKI/インフラ構造物のモニタリング支援商品群を発売、防災・減災に貢献

 沖電気工業(OKI)は自治体などが実施するインフラ構造物の点検や維持管理をターゲットに、支援ソリューションビジネスを強化する。電源や通信配線が不要で暗闇撮影も可能な高感度カメラと、橋梁などのモニタリ…

2022年3月18日[17面]

吉川工業(北九州市八幡東区)/高所作業向けシステム発売、安全帯フック未使用で警告

 吉川工業(北九州市八幡東区、吉川和良社長)は、高所作業時に墜落制止用安全帯フックを使用していないと注意を促すシステムを開発した。市販のフルハーネス型の墜落制止用器具に脱着できるICタグからフックの使…

2022年3月17日[3面]

鉄建建設/坑内向けバッテリー機関車自動運転システムを開発/坑内の安全性向上

 鉄建建設は16日、シールド工事を行う小断面のトンネル坑内向けに、シールドセグメントを運搬するバッテリー機関車の自動運転システムを開発したと発表した。無線LANで坑内ネットワークを構築することでバッテ…

2022年3月16日[3面]

三井住友建設ら/共同住宅スプリンクラー敷設向け新工法開発/配管長4割削減

 三井住友建設ら3社は15日、共同住宅の住戸にスプリンクラーの配管が効率的に敷設できる新工法を開発したと発表した。天井に主配管をループ状に取り付け、分岐した配管からスプリンクラーに水を送る。1カ所から…

1 49 50 51 52 53