特集


2017年2月28日

関西のインフラ構造物の維持管理・更新企画

 関西では今、2025年の万国博覧会誘致をはじめ、リニア中央新幹線や北陸新幹線の大阪延伸、大阪湾岸道路西伸部といったプロジェクトに注目が集まっている。しかし、これらの投資が十分に効果を発現するためには、既存インフラとの有機的な連携が不可欠であり、それには膨大なインフラストックを計画的に維持管理・更新し、後世に引き継いでいく必要がある。こうした視点から、本年度の「関西のインフラ構造物維持管理・更新企…

2017年2月24日

関西の地質・土質と地盤工学企画

 地震国である日本。複雑な地層の中で建設工事を展開するには、地盤情報を的確に把握し、それを計画に反映させることが重要だ。しかしながら、すべての地盤情報を把握することは非現実的であり、そこには地盤リスクが存在する。関西の地質・土質と地盤工学企画では、京都大学大学院工学研究科の大津宏康教授に地盤リスクについて聞いた。

2017年2月23日

2017近畿の河川特集

 近年、雨の降り方が局地化・集中化・激甚化しており、全国各地で毎年のように甚大な洪水被害が発生している。こうした状況の中で、ソフト対策とハード対策をうまく組み合わせ、いかにして洪水から生命と財産を守るか、さらに今後の河川整備に過去の災害の教訓をどのようにして生かしていくかが大きな課題となっている。  2017近畿の河川企画では、近畿地方整備局の井上智夫河川部長に、さらなる安全度の向上を目指した治水…

2017年2月13日

清須物流センター建替計画完成

 三井物産ロジスティクス・パートナーズが運用する「日本ロジスティクスファンド投資法人」が愛知県清須市で進めてきた「清須物流センター建替計画」が完成し、きょう13日竣工式を迎える。新しく生まれ変わった清須物流センターは、名古屋市内中心部から10キロ圏内という恵まれた立地条件に加え、機能性や汎用性にも優れたマルチテナント型物流施設。高度化・多様化する顧客ニーズに対応が可能で、中部経済圏全体をカバーでき…

2017年2月10日

日本基督教団 大宮教会 献堂

 埼玉の商業都市〝大宮〟で新たな街づくり、都市計画が進む中、日本基督教団「大宮教会」の全面的な改築工事が完了した。イエス・キリストの福音を伝え始めてから113年の歳月がたち、豊かな心へと導く拠り所として、今後いっそう人々の身近な存在となるだろう。設計は多くの類似実績のある大岡山建築設計研究所、施工は当現場で無事故無災害を達成した松井建設がそれぞれ担当した。18日には一般の竣工式に相当する〝献堂式〟…

2017年2月9日

Landport小牧完成

 野村不動産と戸田建設が愛知県小牧市で建設を進めていた大規模高機能物流施設「Landport小牧」が完成した。戸田建設が所有する「旧小牧工作所」用地を有効活用し、野村不動産がシリーズ展開する物流施設「Landport(ランドポート)」の開発・運用を共同で行うもので、中部圏では初の施設となる。建設地は名古屋市内中心部から約15km圏内に位置する。東名・名神高速道路の結節点である小牧インターチェンジか…

2017年2月3日

GLP柏Ⅱ竣工

 グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)が千葉県柏市の沼南工業団地で建設を進めていたセミマルチテナント型の物流施設「GLP柏Ⅱ」が竣工した。首都圏の主要幹線である国道16号に近接する建物は、常磐自動車道や京葉道路などの大動脈へのアクセスに優れており、首都圏全域への広域配送に適するのが特徴だ。設計はJFEシビル、施工はJFEシビル・福田組JVが担当した。 【建築概要】 ■工事名/GLP…

2017年2月3日

三井不動産ロジスティクスパーク小牧完成

 東名高速道路・名神高速道路の小牧インターチェンジ(IC)の近くで建設が進められていた「三井不動産ロジスティクスパーク小牧」が完成した。中部圏だけでなく、東名・名神高速道路を利用した関東圏、近畿圏に向けた輸配送拠点として最適な立地に加え、物流施設としての高い機能性や環境性能も兼ね備え、マルチテナント型物流倉庫として期待されている。設計・施工は錢高組が担当。質の高さを感じさせる出来栄えを見せている。…

2017年2月2日

学校法人福岡学園福岡看護大学校舎完成

 学校法人福岡学園が福岡市早良区に設置を進めている福岡看護大学の校舎が完成し2日、竣工式が開かれる。設計・監理は梓設計、施工は熊谷組が担当。16年2月に着工し、無事故・無災害で完工した。大学のシンボルとなる校舎は最新の知識や技術を習得できる教育環境、教職員が働きやすい環境に加え、豊かな人間性を育む環境づくりを目指しゆとりある交流空間も配置した。17年4月に開学する。 【建築概要】 ■工事名称/学校…

2017年2月1日

日本通運 Tokyo C-NEX 完成

 日本通運が東京都江東区で建設を進めていた「Tokyo C―NEX(トウキョウ シーネックス)」が完成した。同社最大の延べ床面積(15万平方メートル)を有する物流拠点は、都心近くの新砂地区に位置し、羽田・成田の両空港と東京港への交通利便性に優れる。建物は、北と南の2棟で構成し、両棟の中央に車路を設けることで、各フロアへのアクセス性を高めた。設計・監理は日通不動産、施工は鹿島が担当した。 【建築概要…

1 167 168 169 170 171 172