行事

西日本高速関西支社/中国道リニューアル/橋梁更新工事の現場公開 [2021年10月26日10面]

 西日本高速道路関西支社は21日、中国自動車道の吹田JCT~宝塚IC間で実施しているリニューアル工事の現場を報道関係者に公開した。吹田JCT~中国池田IC間では5~6月に続き、2回目の集中工事を行っており、11月9日まで上り線高架橋で橋桁や床版などの取り換え作業が進められる。
 吹田JCT~中国池田IC間(延長10・8キロ)は終日全面通行止め、中国池田IC~宝塚IC間(4・9キロ)は終日車線を規...続きを読む

茨城県/北沢トンネルが開通/施工は株木建設JVと三井住友建設JV [2021年10月26日5面]

 ◇県北地域の観光振興に期待
 茨城県が常陸太田市で整備していた国道461号の「北沢トンネル」が23日に開通した。同日開かれた開通式典では関係者がテープカットやくす玉開披、走り初めで無事完成を祝った。施工は西側工区を株木建設・根本工務所・珂北開発JV、東側工区を三井住友建設・岡部工務店・日興建設JVが担当した。
 北沢トンネルは延長1581メートル。同市の下高倉と折橋町を結び北沢峠の直下を貫く...続きを読む

大林組/オンラインイベントで現場の最前線を紹介/21日まで視聴可能 [2021年10月21日3面]

 大林組が主催するオンラインイベント「OBAYASHI LIVE SHOWCASE2021」が、20日に開幕した。国内で施工中の3現場と大分県やニュージーランドで進めている水素エネルギーの製造事業などを紹介。工事で使用している最新技術を交え、現場の最前線を配信している。21日まで視聴可能だ。
 オンラインイベントは、同社が掲げるブランドビジョンのスローガン「MAKE BEYOND つくるを拓(ひ...続きを読む

茨城県下妻市/新庁舎整備が起工/実施設計・施工は清水建設JV [2021年10月15日5面]

 茨城県下妻市は14日に「下妻市庁舎等整備工事」の起工式を計画地で開いた。基本設計はパシフィックコンサルタンツ、発注者支援業務は明豊ファシリティワークスが担当。清水建設・塚田建材・楠山設計JVの実施設計と施工で2023年10月の完成を目指す。本体工事は12月に着手する。
 起工式では楠山設計の久寿米木康宣社長が鎌、菊池博市長が鍬、坂田浩二清水建設関東支店副支店長と塚田建材の塚田隆代表取締役が鋤を...続きを読む

埼玉県八潮市/新庁舎建設工事が起工/施工は清水建設ら [2021年10月11日5面]

 埼玉県八潮市が新庁舎の建設工事に着手した。8日に現地で関係者による起工式を開いた。基本・実施設計は石本建築事務所。建築工事・南側外構工事は清水建設、電気設備工事を恒栄電設(東京都北区)・大広電気(埼玉県八潮市)JV、機械設備工事は新菱冷熱工業が施工する。工期は2023年10月31日まで。
 工事場所は中央1の2の1の現庁舎敷地。新庁舎は免震構造を採用し、RC一部S造4階建て延べ1万4716平方...続きを読む

日建連北海道/けんせつ小町現場見学会開く/札幌中心部の土木現場で [2021年10月8日6面]

 日本建設業連合会(日建連)北海道支部(中川收支部長)は5日、札幌市中央区で岩田地崎建設が施工する「札幌市地下駐輪場工事」(札幌市発注)の現場で、けんせつ小町現場見学会を開いた。会員企業14社から技術系、事務系の女性社員25人が参加し、周囲に建物が近接する中で進められる工事の品質管理や安全管理などを学んだ=写真。
 同見学会は、建設業に従事する女性が仕事への理解や、女性従事者同士の交流を深めるき...続きを読む

ヨドバシHD/ヨドバシ仙台駅第1ビル(仙台市宮城野区)/鹿島で11月着工 [2021年9月29日10面]

 ヨドバシホールディングス(HD)は28日、仙台市宮城野区のJR仙台駅東口に建設する「ヨドバシ仙台第1ビル開発計画」の地鎮祭を開いた。施設規模はS造地下1階地上12階建て塔屋1階延べ7万6460平方メートル。設計と施工は鹿島が担当。店舗のゾーニングを進め11月に工事に着手し、2023年3月の竣工を目指す。
 建設地は宮城野区榴岡1の3の1ほか。敷地面積は1万5430平方メートル。1~6階にヨドバ...続きを読む

叡山電鉄/市原~鞍馬間、1年2カ月ぶりに運転再開/竹中土木らが復旧作業 [2021年9月22日8面]

 叡山電鉄は18日、2020年7月に発生した土砂崩れの影響で市原~鞍馬間が運休していた鞍馬線(出町柳~鞍馬)について、約1年2カ月ぶりに全線で運転を再開した。鞍馬駅(京都市左京区)で記念式典を開き、同社や京都府、京都市の関係者、地元住民が再開を喜び合った。土砂や倒木の撤去は竹中土木らが協力し、治山工事は日特建設・吉村建設工業JVが担当。今後も工事は続く。
 同区間は、20年7月7日から8日かけて...続きを読む

茨城県笠間市/道の駅開業/農業観光振興に期待 [2021年9月17日5面]

 茨城県笠間市が整備していた「道の駅かさま」が16日に開業した。農産物や地域の名産品販売店、飲食店などで構成。非常時には地域の防災拠点になる。地域活性化のための企画が優れ、整備を積極的に支援する国土交通省の「重点道の駅」の一つ。市らが出資する第三セクター・道の駅笠間が運営する。設計は柴建築設計事務所。株木建設・仙波建設JVが施工した。
 所在地は世界基準のコースを備える笠間芸術の森公園スケートパ...続きを読む

埼玉県春日部市/新本庁舎建設/大林組JVで起工、23年8月竣工めざす [2021年9月14日5面]

 埼玉県春日部市は新本庁舎の建設プロジェクトに着工し、12日に現地で起工式を開いた。基本・実施設計は久米設計。大林組・東武建設(栃木県日光市)・正和工業(春日部市)JVの施工で2023年8月末の竣工を目指す。
 老朽化した現本庁舎を旧春日部市立病院跡地(中央7の2の1、敷地面積1万7321平方メートル)に移転し整備する。新本庁舎はS一部RC造6階建て延べ1万7321平方メートルの規模。免震構造を...続きを読む

中部横断自動車道・南部IC~下部温泉早川ICが開通/山梨~静岡区間が全線開通 [2021年8月31日5面]

 関東地方整備局が整備していた中部横断自動車道・南部IC(山梨県南部町)~下部温泉早川IC(同身延町)、13・2キロが29日午後4時に開通した。山梨~静岡区間が全線開通し、中央自動車道双葉JCT(同甲斐市)と新東名高速道路新清水JCT(静岡市清水区)、東名高速道路清水JCT(同市清水区)がつながった。同日、身延山IC(身延町)で開通式を開いた。
 中部横断自動車道の双葉JCTから新清水JCTまで...続きを読む

戸田建設/新TODAビルが起工/24年4月竣工へ技術力を結集 [2021年8月19日4面]

 戸田建設は18日、東京都中央区に建設する「(仮称)新TODAビル」の起工式を行った。本社機能をはじめ、ミュージアムや飲食店舗などが入る。自社の設計と施工で2024年4月末の完成を目指す。起工式には今井雅則代表取締役会長、大谷清介社長ら約30人が出席し工事の安全を祈願した。=1面参照
 建設地は旧本社ビルなどがあった京橋1の7の1(敷地面積6147平方メートル)。施設規模はSRC・RC・S・CF...続きを読む

福井県/吉野瀬川ダム本体工事が起工(越前市)/25年度完成へ施工は安藤ハザマJV [2021年8月3日12面]

 福井県が越前市を流れる吉野瀬川の上流に計画していた「吉野瀬川ダム」本体建設工事の安全祈願祭と起工式が1日、堤体予定地付近で行われた。ダムの建設と河川改修を行うことで70年に一度の洪水被害を解消するとともに、流水の正常な機能を維持する。施工は安藤ハザマ・建世・清水組・谷口建設JVが担当。今後基礎掘削が本格化し、来年冬にコンクリート打設を開始する。2025年度の完成を予定。
 神事には県や県議会、...続きを読む

香川県/椛川ダム(高松市)竣工/県内最大貯水容量、施工は大成建設JV [2021年7月28日9面]

 香川県が高松市塩江町に建設していた「椛川(かばがわ)ダム」が竣工した。建設事業の着手から四半世紀。降雨量が少なく、深刻な水不足に見舞われてきた市内の新しい水源となると同時に、椛川を含む香東川流域の洪水被害を低減する。堤高88・5メートル、堤頂長265・5メートル、堤体積約43万5000立方メートルの重力式コンクリートダムで、総貯水容量は約1056万立方メートル。堤高と貯水容量は県内最大規模となる...続きを読む

日建連中部/愛知県内で一斉パト実施/12現場で安全対策点検 [2021年7月14日8面]

 日本建設業連合会(日建連)中部支部は12日、2021年度前期一斉パトロールを実施した。愛知県内で会員会社が施工中の12現場を36人のベテラン点検員らが手分けして訪れ、安全管理状況を確認、労働災害と熱中症の防止を呼び掛けた=写真。
 名古屋市中区の愛知建設業会館で行われた出発式では、鳥居粧滋愛知労働局安全課長が訓示し、特に墜落・転落、はさまれ・巻き込まれの防止対策を重点に点検するよう要請。昨年、...続きを読む
1 2 3 4 5 29