行事

武蔵小山パルム駅前地区再開発(東京都品川区)/41階建て複合ビルが竣工/組合 [2020年1月27日4面]

 東京都品川区の武蔵小山パルム駅前地区市街地再開発組合(長谷川政行理事長)が進めていた再開発事業が完了した。総延べ7・5万平方メートルの再開発ビルや広場などで構成する「パークシティ武蔵小山」が完成し、24日に東京都港区のシェラトン都ホテル東京で竣工祝賀会を開いた。設計・監理は日本設計、施工は鹿島が担当した。参加組合員は三井不動産レジデンシャルと旭化成不動産レジデンスが務めた。
 祝賀会の冒頭、長...続きを読む

建コン協/1月31日から都内で「建コンフォト大賞」写真展/土木施設の魅力アピール [2020年1月23日2面]

 建設コンサルタンツ協会(建コン協、高野登会長)は、31日~2月6日の7日間、東京都港区の富士フイルムフォトサロン東京で「建コンフォト大賞」の写真展を開く。2016、17年度の入賞作品を展示する。生活に身近な土木インフラを紹介し、来場者に土木施設の魅力をアピールする。
 募集テーマである「あなたのお気に入りの土木施設」に沿い、作品は全紙・半切サイズ32点、モザイクアート2点の計34点を見込む。小...続きを読む

虎ノ門一丁目地区再開発(東京都港区)/36階建て複合ビルが竣工/組合 [2020年1月22日4面]

 東京都港区の虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合(佐藤茂理事長)が建設していた複合ビル「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」が竣工し、21日に現地で竣工式が開かれた。オフィスを主用途とする延べ約17万平方メートルのビルを整備した。開業は4月を予定している。参加組合員として事業に参画する森ビルが設計を担当。施工は▽建築=大林組▽電気設備=きんでん▽空調設備=三機工業▽衛生設備=斎久工業-が手掛けた。=1面参照...続きを読む

神戸市立博物館/「竹中工務店400年の歩み展」が開幕/3月1日まで [2020年1月14日8面]

 神戸市立博物館(神戸市中央区京町)は11日、特別展「建築と社会の年代記-竹中工務店400年の歩み」を開幕した。同社と前身の工匠時代の竹中家が手掛けたさまざまな建築を、人間との関わり方という視点で紹介。会場には同社所蔵の古文書や写真、模型、図面など約1000点を展示する。被災から間もなく25年を迎える阪神・淡路大震災の復興の経過と同社の取り組みも示す。会期は3月1日まで。
 竹中家と建築の関わり...続きを読む

日鳶連/国交省で「祝い木やり」披露 [2020年1月10日1面]

 日本鳶工業連合会(日鳶連、清水武会長)は9日、東京都千代田区の国土交通省を新年のあいさつで訪れ、和田政宗政務官や同省幹部を前に、伝統の労働唄「祝い木やり」を披露した。日鳶連の地方組織に当たる東京都鳶工業会に所属する木やり師が張りのある伸びやかな声でうたい上げた。
 木やりは建設機械がなかった時代に大勢の労働者が資材を人力で運ぶ際、力を一つに結集させ士気を高めるための「呼び声」として1200年代...続きを読む

宮城県/岩沼蔵王線志賀姥ケ懐トンネルが開通/施工は安藤ハザマJV [2019年12月25日6面]

 宮城県が東日本大震災の復興財源を活用し整備を進めていた主要地方道岩沼蔵王線大師・姥ケ懐(うばがふところ)道路「志賀姥ケ懐トンネル」の開通式が21日、岩沼市志賀のトンネル坑口前で行われた。現道は急カーブが続き、狭あいな峠道となっており、延長1285メートルのトンネルを整備し車両が安全に走行できるようにした。トンネル本体工事の施工は安藤ハザマ・橋本店・上の組JVが担当した。
 式典には国や県、自治...続きを読む

日本大学/映画「前田建設ファンタジー営業部」でトークセッション開く [2019年12月25日3面]

 日本大学は23日、東京都千代田区の駿河台キャンパス1号館で2020年1月公開の映画「前田建設ファンタジー営業部」とコラボレーションしたトークセッション「ユメをカタチに」と試写会を開いた。日大の学生や関係者らに加え、前田建設の社員や映画プロデューサー、日大理工学部の教授も参加。アニメの世界に登場する技術を使い実現したい未来などをテーマに意見を交わした。
 前田建設ファンタジー営業部は「アニメの世...続きを読む

国立競技場/オープニングイベントに6万人来場/スポーツ振興センター [2019年12月24日1面]

 2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる「国立競技場」(東京都新宿区、渋谷区)で21日、オープニングイベントが開かれた=写真。主催は日本スポーツ振興センター(JSC)。5万9500人が詰め掛け、新スタジアムの開業を祝った。
 イベントは「文化」「スポーツ」「音楽」「エンディング」の4パートで構成。「東北絆まつり」と題して東北6県が各地域を代表する祭りなどを披露。人気バンドのDREA...続きを読む

国立競技場が竣工/オールジャパンの努力実る [2019年12月17日1面]

 2020年東京五輪・パラリンピックのメインスタジアムとなる「国立競技場」(東京都新宿区、渋谷区)の竣工式が15日に開かれた。真新しいフィールドに安倍晋三首相や関係省庁のトップ、小池百合子都知事など大会関係者が一堂に会した=写真。設計・施工者として整備事業に関わった山内隆司大成建設代表取締役会長、杉谷文彦梓設計社長、建築家の隈研吾氏も出席。新たなスポーツの殿堂の無事完成を祝った。=3、4面に関連記...続きを読む

熊本県八代市/新庁舎建設が起工/延べ2・7万平米、災害拠点機能を強化 [2019年11月28日9面]

 熊本県八代市が熊本地震で被災した本庁舎の現在地建て替えとして計画する新庁舎が着工を迎え、27日、松江城町の建設地で起工式が開かれた。規模はS造(地下RC造)地下1階地上7階建て延べ2万7492平方メートル。基礎柱頭免震構造の採用などにより災害対策拠点機能を強化する。工事は前田建設・和久田建設・松島建設JV、設計・監理は久米設計が担当。工期は2021年10月29日まで。式には関係者約120人が出席...続きを読む

虎ノ門一・二丁目地区再開発(東京都港区)/総延べ25万平米施設群が起工/組合 [2019年11月26日4面]

 東京都港区の虎ノ門一・二丁目地区市街地再開発組合(早津功理事長)は25日、大規模再開発事業の起工式を現地で開いた。参加組合員の森ビルが特定建築者となり、A-1~3の三つの街区に、総延べ約25万平方メートルの施設群を建設する。同社は再開発ビル群の設計も手掛ける。竣工はA-1、3街区が2023年7月、A-2街区が同11月を予定する。=1面参照
 施工は▽建築工事=鹿島▽電気設備工事=きんでん▽空調...続きを読む

全鉄筋/富士訓練センターでTETSU-1グランプリ開く/1位は和田浩茂選手 [2019年11月26日2面]

 日本一の鉄筋工を決める「第3回全国鉄筋技能大会(TETSU-1グランプリ)」が、富士教育訓練センター(静岡県富士宮市)で24日開催され、1位には富田興業(関西鉄筋工業協同組合)の和田浩茂選手(33)、2位には丹羽鉄筋興業(北海道鉄筋業協同組合)の松本兼一選手(37)、3位にはマルゼン建鉄(長野県鉄筋業協会)の中村翼選手(24)が輝いた。関西鉄筋工業協同組合の代表者が前回大会に続き2連覇となった。...続きを読む

JR東海/リニア新幹線神奈川県駅(相模原市)が起工/中間駅初弾、施工は奥村組JV [2019年11月25日5面]

 JR東海は「リニア中央新幹線の神奈川県駅(仮称)新設工事」の起工式を、相模原市緑区の神奈川県立相原高校跡地で22日行った。施工は奥村組・東急建設・京王建設JV。リニア中央新幹線の建設プロジェクトでは4カ所の中間駅を整備する計画で、同工事が初弾の起工案件となる。工期は2027年3月31日まで。=1面参照
 神奈川県駅は東京・品川~名古屋間に4カ所整備するリニア新幹線の中間駅で唯一の地下駅。JR横...続きを読む

京都市/京都市京セラ美術館(左京区)が竣工/80年前の外観継承 [2019年11月19日10面]

 京都市は16日、2017年から再整備工事を進めてきた「京都市京セラ美術館」の竣工式典を開いた。関係者約200人が出席し、待望の完成を祝った。20年3月21日にリニューアルオープンする。基本設計は青木淳・西澤徹夫設計JV、監理は昭和設計、実施設計・施工は松村組が担当した。
 同市左京区岡崎円勝寺町の現地で行われた式典では、最初に門川大作京都市長が「将来の重要文化財指定を目指す素晴らしい建物の価値...続きを読む

スペースワン(東京都港区)/和歌山県串本町でロケット発射場起工/施工は清水建設 [2019年11月19日1面]

 小型ロケットの開発や打ち上げなどを手掛けるスペースワン(東京都港区、太田信一郎社長)が、和歌山県串本町で16日にロケット打ち上げ射場の起工式を開いた。国内初の民間事業者による射場。施主はスペースワンで、清水建設が施工する。
 起工式には太田社長のほか、清水建設の井上和幸社長やキヤノンの御手洗冨士夫代表取締役会長、IHIの斎藤保代表取締役会長、仁坂吉伸和歌山県知事らが出席した。=3面に関連記事
...続きを読む
1 2 3 4 5 25