行事

東京・豊島区/7月7日にトキワ荘マンガミュージアム開館/漫画・アニメ文化発展拠点 [2020年6月30日4面]

 東京・豊島区が整備していた「豊島区立トキワ荘マンガミュージアム」が7月7日に開館する。漫画家の手塚治虫さんらが暮らしたアパートを、展示機能のある施設として復元した。27日に報道関係者向けの内覧会を開いた。設計は丹青社、施工は渡邊建設が担当した。=1面参照
 トキワ荘は豊島区椎名町(現南長崎)にあった木造アパート。手塚治虫さんや藤子不二雄さん、石ノ森章太郎さん、赤塚不二夫さんら日本の漫画史に名を...続きを読む

北上駅東口都市開発(岩手県北上市)/ホテルなど4棟が起工/総延べ2万平米 [2020年6月26日6面]

 岩手県北上市のJR北上駅東口で総延べ約2万平方メートルのホテルや賃貸マンションなどを開発する特定目的会社(SPC)の北上駅東口都市開発(北上市、西尾高登社長)は24日、現地で起工式を開いた。式典には市や工事関係者ら約40人が出席し、工事の無事故・無災害を祈った。2022年春の全体完成を目指す。
 設計は久慈設計(盛岡市)、施工は宮城建設(岩手県久慈市)・佐藤組(北上市)JVが担当。同日の式典で...続きを読む

赤羽一嘉国交相/日比谷線・虎ノ門ヒルズ駅(東京都港区)を視察 [2020年6月8日1面]

 東京メトロの日比谷線で56年ぶりの新駅となった「虎ノ門ヒルズ駅」(東京都港区)を、赤羽一嘉国土交通相が5日に視察した。森ビルが参画する再開発事業で建設された「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」も訪れ商業施設やインキュベーション施設などを見て回った。
 虎ノ門ヒルズ駅は日比谷線が1964年に全線開業してから初めての新駅。6日の開業後も工事を継続し、2023年には隣接する再開発ビルに接続する。
 視察...続きを読む

光科学イノベセンター/次世代放射光施設基本建屋(仙台市青葉区)が起工 [2020年4月23日6面]

 産学連携組織の光科学イノベーションセンター(高田昌樹理事長)が、仙台市青葉区の東北大学青葉山新キャンパスに計画している「次世代放射光施設」の起工式が22日、建設予定地で行われた。物質をナノレベル(10億分の1メートル単位)で解析し、構造解析や機能理解に役立つ施設で、基本建屋が着工した。設計は日建設計、施工は鹿島・橋本店JVが担当。工事費は約110億円。
 神事には高田理事長をはじめ、同センター...続きを読む

日本ハムファイターズ/新球場(北海道北広島市)が起工/23年春の開業めざす [2020年4月15日6面]

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズは13日、2023年の開業を目指す新球場「ESCON FIELD(エスコンフィールド)HOKKAIDO」の起工式を、北海道北広島市の現地で開いた。設計・監理は大林組と米国の大手設計事務所HKSのグループ、施工は大林組・岩田地崎建設JV、PM(プロジェクトマネジメント)・CM(コンストラクションマネジメント)業務は山下PMCが担当。敷地造成など準備工事を行った後...続きを読む

千葉市/千葉駅西口再開発B工区(中央区)が完成/商業・病院・公園の3棟建設 [2020年4月2日3面]

 千葉市中央区のJR千葉駅西口で進行する「千葉駅西口地区第二種市街地再開発事業」のうち、新日本建設らが建設していたB工区の再開発ビルが完成し、3月31日に現地で完成式典が開かれた。商業、病院、公園の3棟を建設。式典では熊谷俊人市長、金綱一男新日本建設会長、入江康文医療法人緑栄会理事長、大野浩司東急設計コンサルタント社長、三澤正俊清水建設常務執行役員千葉支店長がテープカットで完成を祝った。
 式典...続きを読む

仙台空港/旅客ターミナルビル大規模改修に着工/店舗エリアを2割拡張、増築棟も [2020年3月27日6面]

 仙台空港(宮城県名取市、岩沼市)を運営する仙台国際空港(岩井卓也社長)は26日、旅客ターミナルビルの2階と3階を中心に大規模なリニューアル工事を実施すると発表した。飲食や物販の店舗エリアを約2割増やし、保安検査場は5レーンから9レーンに増やして手続きに費やす時間の省力化を図る。増築棟も建設し、チェックインカウンターを拡張する。同日、工事の安全祈願祭を行い、2021年度下期の全面開業を目指す。事業...続きを読む

国交省/3月13日までテックフォースのパネル展/本省1階で、隊員の姿に焦点 [2020年3月6日1面]

 緊急災害対策派遣隊(テックフォース)の活動や防災情報のポータルサイトを紹介するパネルが、東京・霞が関の国土交通省1階正面玄関脇の展示コーナーに13日まで展示されている=写真。「その時、僕らは動く。~国交省職員の、もうひとつの姿。~」をテーマにセレクトした10点のモノクロ写真を展示。被災地の緊急対応に奔走し、汗を流す隊員(人)に焦点を当てることでテックフォースの活動を紹介している。
 東日本大震...続きを読む

長大らSPC/山梨県南部町でバイオマスガス化発電所に着工/21年の稼働めざす [2020年2月14日3面]

 長大ら3社で構成する特定目的会社(SPC)の「南部町バイオマスエナジー」(東京都中央区、飯干貴久社長)が、2021年をめどに山梨県南部町で木質バイオマスガス化発電事業を開始する。発電能力は一般家庭1500世帯の年間消費量に相当する800キロワットを想定。固定価格買い取り制度を活用して電力会社に売電する。年間約2億円程度の収益を見込む。
 発電所の建設地は大和360。「アルカディア南部総合公園ス...続きを読む

東京五輪組織委/選手村ビレッジプラザ公開/棟上げ完了、63自治体が木材提供 [2020年1月30日1面]

 東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会が東京都中央区の選手村近くに建設している仮設施設「選手村ビレッジプラザ」の棟上げが完了し、29日に報道機関や木材提供自治体の関係者らに施設を公開した=写真。
 大会中は出場選手団の入村式や交流の舞台となり、物販店舗やカフェも運営する。基本設計は日建設計、施工は熊谷組・住友林業JVが担当。4月に完成する。
 施設は木造平屋の5棟で構成し、延べ床...続きを読む

武蔵小山パルム駅前地区再開発(東京都品川区)/41階建て複合ビルが竣工/組合 [2020年1月27日4面]

 東京都品川区の武蔵小山パルム駅前地区市街地再開発組合(長谷川政行理事長)が進めていた再開発事業が完了した。総延べ7・5万平方メートルの再開発ビルや広場などで構成する「パークシティ武蔵小山」が完成し、24日に東京都港区のシェラトン都ホテル東京で竣工祝賀会を開いた。設計・監理は日本設計、施工は鹿島が担当した。参加組合員は三井不動産レジデンシャルと旭化成不動産レジデンスが務めた。
 祝賀会の冒頭、長...続きを読む

建コン協/1月31日から都内で「建コンフォト大賞」写真展/土木施設の魅力アピール [2020年1月23日2面]

 建設コンサルタンツ協会(建コン協、高野登会長)は、31日~2月6日の7日間、東京都港区の富士フイルムフォトサロン東京で「建コンフォト大賞」の写真展を開く。2016、17年度の入賞作品を展示する。生活に身近な土木インフラを紹介し、来場者に土木施設の魅力をアピールする。
 募集テーマである「あなたのお気に入りの土木施設」に沿い、作品は全紙・半切サイズ32点、モザイクアート2点の計34点を見込む。小...続きを読む

虎ノ門一丁目地区再開発(東京都港区)/36階建て複合ビルが竣工/組合 [2020年1月22日4面]

 東京都港区の虎ノ門一丁目地区市街地再開発組合(佐藤茂理事長)が建設していた複合ビル「虎ノ門ヒルズビジネスタワー」が竣工し、21日に現地で竣工式が開かれた。オフィスを主用途とする延べ約17万平方メートルのビルを整備した。開業は4月を予定している。参加組合員として事業に参画する森ビルが設計を担当。施工は▽建築=大林組▽電気設備=きんでん▽空調設備=三機工業▽衛生設備=斎久工業-が手掛けた。=1面参照...続きを読む

神戸市立博物館/「竹中工務店400年の歩み展」が開幕/3月1日まで [2020年1月14日8面]

 神戸市立博物館(神戸市中央区京町)は11日、特別展「建築と社会の年代記-竹中工務店400年の歩み」を開幕した。同社と前身の工匠時代の竹中家が手掛けたさまざまな建築を、人間との関わり方という視点で紹介。会場には同社所蔵の古文書や写真、模型、図面など約1000点を展示する。被災から間もなく25年を迎える阪神・淡路大震災の復興の経過と同社の取り組みも示す。会期は3月1日まで。
 竹中家と建築の関わり...続きを読む

日鳶連/国交省で「祝い木やり」披露 [2020年1月10日1面]

 日本鳶工業連合会(日鳶連、清水武会長)は9日、東京都千代田区の国土交通省を新年のあいさつで訪れ、和田政宗政務官や同省幹部を前に、伝統の労働唄「祝い木やり」を披露した。日鳶連の地方組織に当たる東京都鳶工業会に所属する木やり師が張りのある伸びやかな声でうたい上げた。
 木やりは建設機械がなかった時代に大勢の労働者が資材を人力で運ぶ際、力を一つに結集させ士気を高めるための「呼び声」として1200年代...続きを読む
1 2 3 4 5 25