特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

2018年 中国総局暑中企画  [2018年8月10日]

 建設業は、「社会資本整備の担い手」であると同時に、安全・安心の確保を担う必要不可欠な「地域の守り手」であるという認識は深まってきた。しかし人口減少、技能労働者の高齢化などにより建設就業者の大幅な減少が見込まれ、将来にわたる社会資本の品質確保と適切な機能維持を図るためには、将来を担う若者の入職・定着を促進し人材を確保・育成することが最重要課題となっている。このため国土交通省では、調査・測量から設計、施工、検査、維持管理・更新までのすべての建設生産プロセスでICT(情報通信技術)等を活用するi|Constructionを推進し、2025年度までに建設現場の生産性を2割向上させることを目指している。ここでは、中国地方整備局におけるICT活用工事(土工、舗装)の取り組み状況を紹介する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む