特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日産NV350キャラバン 資材の積み込み、搬送を効率化  [2018年11月8日]

 「荷室の使い勝手を革新する」|。商用バンでトップクラスの荷室の広さを実現した日産NV350キャラバンの利用が、建設業界で広がっている。荷室長は3050ミリ、荷室高1325ミリ、荷室幅1520ミリと、脚立やパイプなども余裕で積み込める広さが特徴だ。用途に合わせて自在にアレンジできる使い勝手の良さや十分な積載量が、現場への従業員の移動や資機材の搬送で、日々車両が欠かせない建設業界での採用拡大の決め手となっているようだ。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む