特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

11月11日は公共建築の日  [2018年11月9日]

 11月11日は「公共建築の日」。建物の基本的な構造を象徴する4本の柱をイメージして、03年に定められた。公共建築の代表格、国会議事堂の完成年月が昭和11年11月であることにも由来しており、毎年11月は「公共建築月間」となっている。公共建築は行政、教育文化、医療・福祉、観光、地域活性化などさまざまな機能を担っており、「公共建築の日」「公共建築月間」を機に、その役割と大切さを見直してみよう。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む