特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

90周年企画-セメントメーカーの新機軸-住友大阪セメント  [2018年11月30日]

 全国各地のインフラ整備や災害復興に対し、セメントの安定供給という形で貢献してきた住友大阪セメント。2020年東京五輪を契機とした東京都心の再開発がピークを越え、既存インフラの老朽化という課題も眼前に迫る中、関根福一社長は「良い品質のセメントを安定的に供給する。それがわれわれのミッション」と不変の役割を強調する。建設業界と一体となりインフラの重要性を呼び掛け、2020年以降の正念場に臨む。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む