特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

須賀川市民交流センター 2019年1月11日 オープンへ  [2018年12月21日]

 福島県須賀川市が建設していた「須賀川市民交流センター tette」が、いよいよ19年1月11日にオープンする。東日本大震災からの復興を担う中心市街地活性化拠点として、図書館や子育て支援センター、郷土ゆかりの特撮技術監督・故円谷英二氏記念ミュージアムなどを内包する。設計監理は石本・畝森設計共同企業体、施工を三井住友建設・三柏工業JVが担当した。
■建築概要■
■工事名=(仮称)須賀川市市民交流センター建設工事
■設計=石本・畝森特定設計共同企業体
■施工=三井住友・三柏特定建設工事共同企業体
■工事場所=須賀川市中町4―1
■敷地面積=7723.93m2
■構造・規模=S造、一部RC造地下1階地上5階建て、建築面積:4876.70m2、延床面積:13698.58m2
■落成=平成30年8月

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む