特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

2018近畿の道路企画  [2018年12月26日]

 大阪湾岸道路西伸部の着工や大阪万博の開催決定など、関西にも明るい兆しが見えてきた。しかしながら、ミッシングリンクの解消などまだまだ道路整備を取り巻く環境は課題が山積だ。2018年度の近畿の道路企画では、建設コンサルタンツ協会近畿支部が出した関西の将来のあるべき姿を具現化するための提言に携わった京都大学大学院工学研究科の大津宏康教授にインタビューするとともに、湾岸道路西伸部の動向をトピックスで紹介する。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む