特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

2019 近畿の河川企画  [2019年2月28日]

 近年多発する局地豪雨や巨大台風の発生など、災害に対してこれまでの河川整備では対策が困難なほど、あらゆる地域に被害を発生させている。こうした中で、いかにして災害から被害を抑制するかが大きな課題だ。2019近畿の河川企画では、多発する災害への備えやハード、ソフトの対策、そしてこれまで実施してきたインフラ整備のストック効果について近畿地方整備局の中込淳河川部長に聞いた。また、淀川の治水安全度向上に向けて工事がスタートした「阪神なんば線淀川橋梁改築事業」についてリポートする。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。