特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

JR三鷹駅前の新たなランドマーク トリコナ 完成  [2019年3月15日]

 東京都三鷹市のJR三鷹駅南側に新たなランドマークが誕生した。高さ約100mの再開発ビル「トリコナ」で、明日16日にオープンを迎える。施設は、RC造・S造地下2階地上26階塔屋2階延べ25,998.13m2の規模で、住宅184戸や店舗、事務所などで構成する。建築主は、三鷹駅南口西側中央地区再開発組合(木村得玄理事長)と、相鉄不動産、三菱地所レジデンス、細田工務店のデベロッパー3社。設計・監理をタカハ都市科学研究所が手がけ、施工は五洋建設が担当した。
◇建築概要◇
◇建物名称/トリコナ
◇工事名称/三鷹駅南口西側中央地区再開発事業共同ビル新築工事
◇所在地/東京都三鷹市下連雀3-36-1
◇建物用途/複合施設(共同住宅184戸、店舗、事務所)、駐車場、駐輪場
◇発注者/相鉄不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、株式会社細田工務店
◇建築主/三鷹駅南口西側中央地区再開発組合、相鉄不動産株式会社、三菱地所レジデンス株式会社、株式会社細田工務店
◇設計・監理/株式会社タカハ都市科学研究所
◇施工/五洋建設株式会社東京建築支店
◇敷地面積/2,992.26m2
◇構造規模/RC造・S造地下2階地上26階塔屋2階延べ25,998.13m2
◇工期/2016年4月1日~2019年2月28日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む