特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

オープンラボを備えた研究・開発拠点「次世代研究開発棟」  [2019年3月25日]

横浜市戸塚区の技術センター敷地内に「次世代研究開発棟」が完成し、2018年11月に運用を開始しました。同施設は異業種との協業を推進するオープンラボを備え、主に材料・環境分野の研究・開発拠点となります。民間研究施設のリニューアルでは国内初となる「Nearly ZEB(正味75%以上省エネを達成した建築物)」の達成を目標としています。
■建築概要■
■所在地:横浜市戸塚区名瀬町344-1
■階数:地下2階、地上3階建築面積1,819.42m2(旧実験棟1,548.68m2)
■構造:鉄筋コンクリート造/鉄骨造
■延床面積:5,191.15m2(旧実験棟4,387.49m2)
■基礎:直接基礎

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。

インフラ・ビジネス最前線―ODAの戦略的活用
 途上国や新興国で日本の民間企業が行うイ...続きを読む
建設業で本当にあった59話の心温まる物語
およそ500万人が働く建設業界。それぞれ...続きを読む
作業現場が危ない?!熱中症予防・対策マニュアル
熱中症は、早期の対処で重症化を防げる疾患...続きを読む
中小企業の事業性を向上させる税理士の経営支援
身近な専門家である税理士の支援を受け、中...続きを読む
DVD 道路工事の労働災害・公衆災害
安全教育用DVD「つくる!安全現場の一年...続きを読む