特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日本通運仙台支店卸町物流センター 完成  [2019年5月10日]

 日本通運が仙台市若林区の仙台支店卸町物流センターで進めていた増築工事が完成した。国道4号や仙台東部道路、仙台港に近い絶好のアクセス。既設倉庫を含めた延べ床面積は約6万9000m2と従来の約1.7倍に拡大。東北エリア最大級の環境配慮型総合物流施設が誕生した。設計・監理は日通不動産仙台支店、施工は鹿島東北支店が担当した。
■建築概要■
■工事名/(仮称)日本通運(株)仙台支店卸町物流センター増築工事
■工事場所/仙台市若林区卸町東2丁目9-1ほか
■建築主/日本通運株式会社仙台支店
■設計・監理/日通不動産株式会社仙台支店
■施工/鹿島建設株式会社東北支店
■建築面積/駐車場棟1,175.33m2、倉庫棟9,104.06m2
■延床面積/駐車場棟4,507.43m2、倉庫棟27,993.49m2
■構造規模/駐車場棟S造(ブレース構造)、倉庫棟RC一部S造
■工期/2017年5月10日~2019年4月25日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。