特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

2019年九州支社暑中企画  [2019年8月9日]

 わが国の人口減少が加速度的に進み、交流人口の増加や雇用の創出、安全・安心の確保などが課題となる中、これらの解決に向け九州の各都市でも個性を生かした魅力ある開発が計画されている。2019年九州支社暑中企画では都心部機能更新の誘導に積極的に取り組む福岡市の許斐敬史都心創生課長に施策の狙いなどを聞くとともに主な都市開発プロジェクトを紹介する。許斐氏は規制緩和を通じて民間活力を最大限引き出し、官民連携により都市の機能強化と魅力づくりを進めることが重要と指摘。各地では福岡市の「天神ビッグバン」をはじめ、公有地の跡地活用やウオーターフロント開発、市街地再開発などが着々と進められている。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。