特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

鳥取市役所新本庁舎完成11月5日全面開庁  [2019年11月5日]

 鳥取市が、幸町への移転新築を進めていた鳥取市役所の新本庁舎が完成した。10月1日に市制130周年記念にあわせ竣工式典を開催。順次引っ越しを進め、きょう5日に全面開庁する。新本庁舎は、新たな防災拠点としての機能を備えるとともに、庁舎を囲むように四つの「にわ」を配置することで、活力と魅力あるまちづくりにも貢献する。設計は、久米設計・白兎設計事務所・塚田隆建築研究所・木下建築研究所JVが担当。東洋建設・大和建設・やまこう建設・懸樋工務店JVが精度高く完成させた。
■工事名:鳥取市新本庁舎新築工事
■工事場所:鳥取市幸町71番地
■発注者:鳥取市
■設計・監理:久米設計・白兎設計事務所・塚田隆建築研究所・木下建築研究所JV
■建築:東洋建設・大和建設・やまこう建設・懸樋工務店JV
■強電:中電工・永興電業・光和電工JV
■弱電:カドヤ電設・吉備総合電設JV
■空調:中電工・山陰冷暖設備・吉野設備工業JV
■空調その2:日新工業
■給排水:サカエ・高千穂JV
■構造:庁舎棟/RC・SRC・S造、交流棟/S造
■階数:庁舎棟/地下1階地上8階、交流棟/地上2階
■延床面積:庁舎棟/20,120.69m2、交流棟/1,671.42m2
■工期:2017年9月~2019年8月31日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。