BIMの課題と可能性・26/樋口一希/広範囲に及ぶデータ援用の実際・2

2014年7月24日 BIMの課題と可能性

文字サイズ

 BIMモデル=3次元データを他のシステムと連携して有効利用する事例として、建築ピボットの建築物(非住宅)省エネルギー計算ソフトウェア「SAVE-建築」について報告する。  □新たに制定されたPAL*…

残り 1291文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン