BIMの課題と可能性・133/樋口一希/加速化するBIM普及の兆候

2016年11月10日 BIMの課題と可能性

文字サイズ

 ソフトベンダーのイベントに続き、公的機関などが主催するイベントも相次いでいる。講演内容とともに、加速化するBIM普及の兆候も報告する。  □事例発表会の聴講者の多くが施工BIMも軌道に乗りつつあると…

残り 1839文字
このコンテンツは会員限定です。
記事の続きをお読みいただくためには
電子版への登録が必要です。
新規会員登録
ログイン