特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

関西の地質・土質と地盤工学企画  [2017年2月24日]

 地震国である日本。複雑な地層の中で建設工事を展開するには、地盤情報を的確に把握し、それを計画に反映させることが重要だ。しかしながら、すべての地盤情報を把握することは非現実的であり、そこには地盤リスクが存在する。関西の地質・土質と地盤工学企画では、京都大学大学院工学研究科の大津宏康教授に地盤リスクについて聞いた。

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。