特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

日本大学文理学部本館 竣工  [2017年3月10日]

 東京都世田谷区の日本大学文理学部キャンパスで建設が進められていた本館が竣工した。本館は社会系4学科、理学系3学科の研究施設、510人収容可能なセンターホール、学生同士がお互いに議論を進めながら学習できる「ラーニングコモンズ」などで構成。日本大学の教育理念「自主創造」を体現した新しい文理学部のシンボルとなり、学生や教職員の活発な交流、活動を生み出す中核拠点としての役割が期待されている。設計はNTTファシリティーズ、監理は日本大学本部管財部営繕課、施工は西松建設が担当した。今後、本館周りの外構を整備し、2018年4月に緑あふれる都心のキャンパスに生まれ変わる。
【建築概要】
■工事名称:日本大学文理学部新本館(仮称)新築工事
■工事場所:東京都世田谷区桜上水3-25-40
■建 築 主:学校法人日本大学
■設   計:株式会社NTTファシリティーズ一級建築士事務所
■監   理:日本大学本部管財部営繕課
■施   工:西松建設株式会社関東建築支社
■敷地面積:59,230.97m2
■建築面積:3,197.80m2
■延床面積:21,944.25m2
■構造・階数:S一部SRC造地下1階地上7階
■工   期:2015年4月29日~2018年4月30日

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。