特集

このエントリーをはてなブックマークに追加 文字サイズ 

エミナード石神井公園3期 完成  [2017年3月31日]

 西武鉄道と西武プロパティーズが東京都練馬区の西武池袋線石神井公園駅周辺一帯で進めていた総合開発プロジェクト「エミナード石神井公園」で、3期開発と位置付ける賃貸住宅「エミリブ石神井公園」と商業施設「エミオ石神井公園(サウス)」で構成する複合施設が完成した。設計・監理を日建ハウジングシステム、施工を西武建設が担当した。これで12年から段階的に続いた一連の開発プロジェクトが完了し、駅周辺のにぎわい創出に期待がかかる。今後、西武鉄道沿線を代表するエリアに発展していきそうだ。



■建築概要■
■工事名称/エミナード石神井公園3.期エリアB新築工事
■所 在 地/東京都練馬区石神井町3丁目1313番2ほか
■事 業 主/西武鉄道株式会社
■事業主代理/株式会社西武プロパティーズ
■設計・監理/株式会社日建ハウジングシステム
■施   工/西武建設株式会社
■敷地面積/2,038.17m2
■建築面積/1,272.68m2
■延床面積/11,836.91m2
■構造・規模/RC・S造14階建て
■工   期/2015年4月~2017年2月

この記事へコメント

メールアドレスが公開されることはありません。